FC2ブログ

チキン弁当と私

旅日記
01 /29 2021
今年の1月の初めに東京へ日帰り出張をしました。
着いてすぐ施術ということなので、今回も駅弁&お酒という黄金コンビは無しで、コーヒーとサンドウィッチという健全な旅の始まりです。
DSC_1441.jpg

結構前に撮影したものなので、どういった意図で撮影したのかも覚えてないのですが、車窓の風景です。
DSC_1443.jpg

で、施術が終わり、いきなり帰りの新幹線に乗るために東京駅に戻りました。なかなかのお値段です。いつかリッチになったら食べてみたいです。
DSC_1445.jpg

東京には毎月のように来てるのですが、ずいぶん前から気になっているお弁当があります。

ザ・チキン弁当!(正確にはザはないけど)
唐揚げとチキンライスだけで900円って、微妙~~とか思いつつ今回はこの歴史あるお弁当に挑戦しようと思いました。
DSC_1447.jpg

電飾看板のすぐに横にある駅弁屋さんです。
DSC_1448.jpg

なんと!売り切れじゃなくて、お品切れです。上品すぎる~~。
DSC_1452.jpg

大東京の上品さに田舎者特有の卑屈さと敗北感を味わいながら近くの名店街的な場所にふらふらと入って行きました。
するとなんということでしょう~。
名店街にある一角にこれでもかとチキン弁当がならんでいるではないでしょうか。
DSC_1449.jpg

それも200円引きで!
DSC_1451.jpg

かなり興奮状態でチキン弁当をGETしたのはいいのですが、どう考えてもこれひとつだけじゃあ新大阪まで持たないと考えた僕は、ホームにある売店で、つなぎのおつまみを買うことにしました。

おっさん好みのおつまみセット。
DSC_1454.jpg

練り物シリーズも捨てがたいです。
DSC_1455.jpg

高級感しかない魚肉ソーセージ。
DSC_1457.jpg

結局、その中から2本チョイスして、今回もひかり号に乗り込みました。のぞみよりも30分時間がかかるのですが、同じような値段でグリーン車に乗れるので、東京出張の時はいつも利用しています。

今回はいつも以上にガラガラでした。
DSC_1458.jpg

チキン弁当を売っていたお店で赤ワインのハーフボトルがあったので購入したのですが、コップが付いていないということでコップ付きの白ワインもコンビニで購入。
DSC_1461.jpg

こちらが念願のチキン弁当ちゃんです。
DSC_1463.jpg

めちゃくちゃシンプルなのですが、細かく見ていくと結構面白いです。
こちらは袋に入った燻製チーズ。子供にも酒飲みにも喜ばれる1品です。
DSC_1466.jpg

唐揚げ用のレモン果汁。発売50年超の歴史が詰まった一品かも。
DSC_1469.jpg

細部のデザインも目が離せないです。
DSC_1471.jpg

靴を脱いで完全にリラックスモードに突入してます。
DSC_1481.jpg

まずは白ワインから~。
DSC_1474.jpg

チキンライスの上にあった赤いやつ。過去にも食べたことがあるんですが、名前が思い出せません。
DSC_1476.jpg

悩んだ末に購入した高級ソーセージ。
DSC_1483.jpg

上質のたらとまぐろで出来ているそうです。
DSC_1486.jpg

金のテープをはがして開封するという説明があったのですが、結局金のテープは新大阪まで見つかりませんでした。
DSC_1489.jpg

何とも言えないオーラを醸し出すやつ。
僕の舌がやばいのでしょうけれど味に高級感は全く感じず、ザ・魚肉ソーセージでした。
DSC_1492.jpg

1964年というのは、僕の1年後輩で東京オリンピックや新幹線で盛り上がった高度成長期を象徴するような年ですね。
DSC_1495.jpg

チキン弁当を食べ終え赤ワインにチェンジです。
DSC_1499.jpg

静岡駅のホームにおいしそうなお弁当屋さんがありました。時間が早ければ一度買ってみたいものです。
DSC_1505.jpg

チキン弁当ひとつで十分に充実した旅をすることが出来ました。

最後の写真は、地元のファミマで売っていたパンです。焼きそばパンがあるのに何故スパゲッティパンが無いんだろうと昔から思っていた僕は見た瞬間に手に取り、レジに並んでいました。
DSC_1511.jpg
味は焼きそばパンが1.7倍ぐらいおいしいです!

タクティリス~正美編 第五話

 性感マッサージは、うつ伏せになった正美の耳を出すために髪の毛を優しく掻き分けるところからはじまった。人に頭を優しく撫でられたことがあるという遠い過去の感触は残っていたが、いつ、誰にしてもらったは思い出せない。

「力を抜いて、リラックスしてくださいね」

Mの言葉が聞こえたすぐ後に、出した耳のすぐ下にやわらかなものが触れたような気がした。その微かな刺激は、うなじから耳の裏側に移動していたが、眼を閉じている正美には、それがどんな状態なのかは、理解できなかった。重さのない小さなウサギが正美の横顔で飛び跳ねているようだった。そのウサギは、肩甲骨へと移動しながら重さとやわらかさが次第に感じられ、それがMの唇だと分かったのはずいぶんあとのことだった。

温かなMの唇は、跳ねるような動きから這い回るような動きへと変わっていった。反対側の肩甲骨には、五本の指がそっと添えられ、すべるように円を描き出した。過去に一度も経験したことのない愛撫が、正美の体を何度も痺れさせる。頭が混乱している気配を感じたのか、Mは、左手で正美の左手を包み込むように握った。その瞬間、張り詰めていたとまどいと緊張が、すうっとしぼんでいくと同時に、心地よいなにかが変わりに膨らむ感覚を覚えた。

人とつながるというのは、こういった安堵感を伴うものだったのだと感じ、この日、初めて、Mと二人で時間を共有しているという意識が芽生えた。それは、同時に未知の世界への入り口に到達した瞬間でもあった。

全てをMに委ねようと気持ちを解放させた瞬間から、正美の背中は、それまでとは別の受容体へと変化していた。その受容体には性的な興奮を高めたり、優しさや安心のシグナルをキャッチする機能が備わっていた。Mの指先や唇、舌が様々なリズムを刻みながら受容体に直接刺激を送るのと同時に、息遣いやキスの音などで、聴覚を刺激する。

正美もそれに引きづられるかのように、自然と吐息をもらすようになっていた。まだ性感マッサージが始まって、五分も経っていないのだが、正美は、股間に温かなものが湧き出していることを実感した。女として正常に機能していることを感じることがで
きたこと、それは性的な悦びよりも人としての喜びを得た瞬間でもあった。

◆第四話
◆正美編 トップ

2月16日より東京に行きます。詳細はこちら。



友達に追加していただくと、友達限定イベントに関する告知を送らせていただきます。ぜひ、ご登録を!


■施術料金・ご予約はこちらからお願いします

営業時間:24時間(年中無休)
※遅い時間でも可能ですので、お気軽にご相談ください。

■お客様の声をまとめました
■カウンセリングを希望される方
■性感マッサージを希望される方
■性感マッサージ師になったきっかけ
■性感マッサージ師になるための方法
■裏施術日記(アドレス登録が必要です)
スポンサーサイト
[PR]

包丁を砥いでみました。

つぶやき
01 /28 2021
学生の頃のアルバイトを入れると今までに多分20種類以上の仕事を経験していると思うのですが、その中に喫茶店のマスターがあります。

最初はその店にいたチーフという厨房を取り仕切る人の下について、飲み物の作り方から軽食やランチの作り方など幅広い内容のことを教わりました。

そのチーフが辞めて、僕が店を切り盛りすることになったときに購入した包丁があるのですが、今日はその包丁を久しぶりに砥いでみました。

たぶん約25年ぶりだと思います。
包丁

僕が初めて勤めた店の厨房には、牛刀とペティナイフしかなく、それ以来僕もその二本で全ての料理をこなしています。

牛刀は、トンカツ用のロース肉の塊を1人前ずつ切り分けたり、食パンをモーニングのトースト用やサンドウィッチ用に薄く切ったりと幅広く使っていました。

ペティナイフは、玉ねぎなど野菜の皮をむくときや千切りやみじん切りの際に利用します。あとはパフェが注文されるとフルーツに細工などをするときにも使ってました。

包丁を砥いでいると何故か分かりませんが、厳粛な気持ちになってしまいます。

僕の苗字からすると絶対先祖は百姓だったとしか思えないのですが、包丁が砥石を滑るときに鳴る音を聞くと侍になったような気分になります。

時代劇で侍が刀を砥いでいることなど観たことが無いんですけどね。


タクティリス~正美編 第四話

 校庭では校長の話が始まっていたが、正美の意識は、ひとりで夫を待つ食卓にあった。休日以外で父親が子供と食卓を挟むことがなくなったのはいつからだろう。正美は、夫のために用意した料理を見ながら思い返していた。末っ子の悟に離乳食をあげていたときのことを想像すると、夫の鬱陶しそうな顔が浮かんでくる。ゆっくりと食事ぐらいさせろという威圧した眼を思い出す。

正美は、夫の給料やボーナスが下がったことで、スーパーのレジうちのパートの時間を増やしていた。パートが終わると急いで保育園に迎えに行き、子供たちの食事の用意を済ませた後で、ゆっくりと悟に食事を食べさせることが、日課となっている。丁度それが夫の帰宅時間と重なり、食器や洗濯物の始末など、たくさんの仕事が残っていたが、夫は手伝うどころか手際の悪さを批判した。

「正美さん、悟君、可愛かったですよ」
チッチの声で、正美は食卓から校庭に戻ることができた。

「ちゃんと間違えずに一生懸命にラジオ体操をしてました!」
保育園の発表会では、いつも泣いていたのに、新しい環境で大きく変わったようだ。

正美は、笑顔でチッチに返答しながら、悟の成長を喜ぶとともに自分だけが取り残されているような焦りのようなものを感じていた。

「ちょっと悟を見てきます」
義母にそう告げると、正美は逃げるようにその場を離れた。

役目を終えて、はしゃぎ回っている一年生たちの中に、ぽつんと行儀良く座っている息子の姿をみつけた。その小さな背中には、新しい環境に慣れようとする彼なりの一生懸命さが浮かんでいた。兄の優もこんな時期があったなとふと思い出し、今では自分よりも頭ひとつ分大きく成長していることを、不思議に思った。

自分はなにも変わっていない。もしかするとどんどん退化しているのかも知れない。

そんな後ろ向きなことが、頭をよぎったが、それと同時にMの言葉が浮かんだ。

「これからどんどん綺麗になっていきますよ」
赤い照明で浮かび上がる裸体を撫でられながらささやくように投げられた言葉は、おせじでも冗談でもないということがはっきりと理解できた。Mの真剣な眼差しを思い出した正美は、その時、下半身に抑えきれない疼きを感じた。

◆第三話
◆正美編 トップ

2月16日より東京に行きます。詳細はこちら。



友達に追加していただくと、友達限定イベントに関する告知を送らせていただきます。ぜひ、ご登録を!


■施術料金・ご予約はこちらからお願いします

営業時間:24時間(年中無休)
※遅い時間でも可能ですので、お気軽にご相談ください。

■お客様の声をまとめました
■カウンセリングを希望される方
■性感マッサージを希望される方
■性感マッサージ師になったきっかけ
■性感マッサージ師になるための方法
■裏施術日記(アドレス登録が必要です)

タクティリス~正美編 第三話

施術日記
01 /27 2021
小説「タクティリス」については、こちらをご覧ください。
タクティリス~正美編 第三話

 秋山正美。四十五歳。大学生を筆頭に三人の子供を持つパート勤めの主婦。子供の内訳は、二十歳の長男優、十六歳の長女茜、七歳の次男悟となる。結婚して二十二年が経過した。夫は十歳年上で大学を出て就職したが、正美の妊娠と同時に今の新築戸建住宅を建築販売する会社に転職した。三流大学でのサラリーマンの給料では家族を養っていくことなど出来ないという判断からだ。

今日は一番下の息子の小学校の運動会だ。進んで作ろうと思った子供ではなかったが、正美にとってはかけがえのない存在となった。小学校の運動会は長女の茜が卒業してから四年ぶりのことで、恒例のお弁当づくりにも力が入る。今回は、なぜか優の彼女、チッチも参加するということで、余計におにぎりを作ることとなった。

炊きたてのごはんの甘くむせたような香りを嗅いだ瞬間に、ふと昨日のMとの時間が蘇ってきた。

「正美さん、おはようございます」
玄関先で優の彼女、チッチの元気のいい声が聞こえた。

チッチは、母になるかも知れない彼氏の母親のことを名前で呼ぶ。屈託の無い笑顔と遠慮をしないところが、息子の彼女として受け入れている最大の理由だ。自分もチッチのような性格を持ち合わせていたら、義母との関係が違っていたはずだろうと思うことが何度もある。

「チッチ~、おはよう~」

奥から今日の主役である次男悟が、体操服のズボンを履きながら玄関先のチッチのところに飛び跳ねて行った。秋山家全員が彼女のことをチッチと呼んでいる。初秋の澄みきった青空は、運動会ではなく、彼女のために用意されているかのようだ。

四年ぶりの運動会ということもあって、墓参りや正月しか顔を合わせることがない義母も来ることになっている。同じ大阪市内に家があるので、その気になればいつでも会えるはずなのに、正美は年に数回の行事さえわずらわしいと感じていた。主人が頻繁に実家に行っていることも原因の一つなのかも知れないが、それ以上に初めて会った時に受けた印象が、二十二年経った今でも消えていないせいだ。

嫁として妻としての正しい姿というものを結婚するかどうかもわからない状況の中で、こんこんと説明された。その時の義母の満面の笑顔は、いまも時々夢に出てくる。結婚式では、秋山家に嫁いだという実感とは別に思い鎖を足につながれたような感覚を持った。

悟の学校の運動会は、自由に場所取りができるので、まるで花見客で埋め尽くされたかのような賑わいがある。主賓席が設けられたテントを正面にして、競技用のトラックから少し離れた日陰にゴザを敷くのが、秋山家の鑑賞スタイルだ。今年八十五歳になる義母には、キャンプ用の椅子を用意している。義母のかたわらで気遣う正美は、女王様の横にいる下女のようにみえる。

生徒たちの入場行進が始まるとビデオカメラを携えた夫、優とチッチ、そして長女の茜が悟の晴れ舞台を見に一斉にトラックの方へ移動した。

「博史とは最近どうなの?」
突然、思いもよらない質問が、場違いな場所とタイミングで投げかけられた。

正美は質問の意味がわからなかった。「どう?」と聞かれてなんと答えればいいのだろうか。会話もあまりなく悟が生まれてからの七年間は、一度もセックスをしていませんとでも答えれば満足するのだろうか。

「最近は、仕事が忙しいようで帰宅も遅くなっていて体が心配です」
正美は、当たり障りの無い事実だけを答えた。

「居心地が悪いと家にも帰りたくなくなるからね」
義母は、独り言のようにつぶやいたが、悟の入場行進曲の音に消されることなく正美の心に突き刺り、二人はそれから無言で前を向いていた。《第四話へ》

◆第二話
◆正美編 トップ

2月16日より東京に行きます。詳細はこちら。



友達に追加していただくと、友達限定イベントに関する告知を送らせていただきます。ぜひ、ご登録を!


■施術料金・ご予約はこちらからお願いします

営業時間:24時間(年中無休)
※遅い時間でも可能ですので、お気軽にご相談ください。

■お客様の声をまとめました
■カウンセリングを希望される方
■性感マッサージを希望される方
■性感マッサージ師になったきっかけ
■性感マッサージ師になるための方法
■裏施術日記(アドレス登録が必要です)

如来と菩薩

つぶやき
01 /26 2021
僕の施術は、もしかすると実際に体に触れることよりも会話をすることのほうがクライアントの女性にとって大きな意味を持っているような気がします。

施術依頼をされる女性の多くが悩みを持っていて、それに対してどうしたらいいか分からない、あるいはその悩みを誰にも相談できないということで、まったく縁もゆかりもない僕のところに来られます。

誰にも言えない悩みを人に聞いてもらったということで、その悩みによる苦しさが半減します。

残りの半分を解決するために僕は欲を捨てれば悩みはなくなりますとよく言います。

結局のところ悩みや問題というのは、自分がこうあって欲しいということとは違う事実と直面したときに生じるものなので、最初からこうあって欲しいという欲がなければ悩みや問題はおきないのです。

僕は女性向けの性感マッサージと出会うまでは、欲の塊でした。

何かを欲するという欲もそうですが、こうでなければならないと言った虚栄心や嫌われたくないために嫌なことも我慢してやるという訳の分からない自尊心のようなものも欲の一種です。

常にそういったものでがんじがらめにされている毎日を過ごしていたのですが、この仕事に出会い様々な女性の悩みに対してアドバイスをしていくうちにそのアドバイスはそっくしそのまま自分が実践するべきことなのだということに気づいたのです。

今でも欲はなくなっていませんが、当時と比べれば格段に減っていてそれと比例して悩みもほとんど無いですし、もし大きな問題が起こったとしても、悩むことなく淡々とそれを消化していくことが出来るようになりました。

タイトルにある「如来と菩薩」ですが、メッセンジャーの黒田さんがYoutubeで配信している「くろだ煮」というチャンネルで、僕が言っている欲をもっと細かく笑い飯の哲夫さんが解説してくれてますので、お暇なかたはご覧ください。



タクティリス~正美編 第二話
ホテルの部屋は現実を忘れさせる。そのホテルには六十室以上の部屋があるのだが、平日の昼間だというのに二室しか空きが無かった。Mはそのうちのひとつを慣れた手つきで選択し、フロントで手続きを終え、正美をエスコートしてエレベーターに乗った。

室内はそれほど広くなく、二人がけのソファとクイーンサイズのベッドで占められている。ホテルのサービスドリンクを二人で飲みながら、正美が予約した理由などを中心に会話をした。その後、正美はMに促されるままひとりでシャワーを浴び、下着をつけずにバスローブ一枚になった。

ベッドに横たわってからは時間の感覚がなくなっていた。BGMとして静かに流れるジャズボーカルのせいなのか、背中を撫でられる感覚で、母親に寝かしつけられていた時の子供のころの記憶が蘇ったせいなのかは、わからない。ただ、日常とはまったく違う世界に存在しているという感覚だけは確かに感じていた。

このままずっと続けばいいのに。と、正美は思った。

いつのまにかMの話す声もBGMも消え、ただ自分が存在しているという意識だけになっていた。母親でも妻でも嫁でもなく、正美ですらない、ただの存在として。生まれる前に感じた安らぎのようなものが形になってそこにあった。

誰かが耳元で話しかけていた。トーンとリズムが心地よかった。眠っていたわけではないのだが、それが自分に対する言葉だと理解するのに時間がかかった。

「眠っていたんですか」
Mは微笑みながら正美に話しかけた。

否定とも肯定ともとれるようなうなずきをすることが、その時の正美の精一杯の返事だった。マッサージの終了を告げられて、バスローブを脱いでうつ伏せで横たわるように指示された。バスローブの下にはなにもつけていない。赤い照明の下に正美の白い肌が一瞬浮き彫りになったが、すぐにバスタオルがかけられた。力を抜いてリラックスしてくださいと言われたが、緊張感は不思議となくなっていた。

「性感マッサージを始めますね」
正美は小さくハイとうなずいた。《第三話へ》

◆正美編 トップ


2月16日より東京に行きます。詳細はこちら。



友達に追加していただくと、友達限定イベントに関する告知を送らせていただきます。ぜひ、ご登録を!


■施術料金・ご予約はこちらからお願いします

営業時間:24時間(年中無休)
※遅い時間でも可能ですので、お気軽にご相談ください。

■お客様の声をまとめました
■カウンセリングを希望される方
■性感マッサージを希望される方
■性感マッサージ師になったきっかけ
■性感マッサージ師になるための方法
■裏施術日記(アドレス登録が必要です)

小説「タクティリス」を再開します!

告知
01 /25 2021
もう10年近く前に女性向けの性感マッサージという業種があるということを知り、その数年後に営業届を出して実際に仕事として始めた訳ですが、お客さんとして来てくださる女性たちの話を聞いているうちにとても根の深い問題に関わっているのだなと実感しました。

女性としての尊厳や性の悩み、子育てや嫁姑問題などに悩む女性がたくさんいる現実を知り、施術予約をしてくれた目の前のその人だけでなく、悩みを抱えていても施術の予約が出来ない方や、そういった相談すらできる場所が無いと思っている方に対して今より少しでも過ごしやすい環境になって欲しいということで当時の僕は二つの方法を考えました。

ひとつは悩みを抱える女性と向き合って話しを聞いてくれる場所を増やそうと思い、僕と同じような女性向けの性感マッサージ師が増えたらということで、性感マッサージ師になるための方法というレポートを無料で配布しました。(現在も無料で配布しております)

約8年間で1,000を超える方がレポートをダウンロードしていただいていて、多少なりとも貢献できたような気がします。

ふたつ目は、家族や親友にも言えない悩みを抱えながら生きている女性がたくさんいるということを世間に知って欲しいということで、本を出版して広めたいということから小説を書き始めました。

今はもう無いのですが、当時はヤフーブログを利用していて、投稿した記事の最後におまけとして300字小説として「タクティリス」を書き始めたのです。

2013年から書き始め、100話で1部として5部構成の本にまとめようと思っていたのですが、3部の途中で急に行き詰ってしまって、それ以来8年近くも放置していました。

今回は、その中途半端な小説をまた最初から推敲し直して、新聞の連載小説の文字数1500前後で1話として、このブログに投稿した記事の最後、または小説だけを投稿しようと思います。

興味のある方はご覧ください。

タクティリス~正美編 第一話

 熱を帯びているかのような温かい手が、うつ伏せの腰にそっと置かれた。時間にすると五秒もなかったはずだが、背骨を通り越して子宮まで熱が伝わってきた。ふいに卵子が着床したときと同じ感覚になった瞬間、Mのその手がゆっくりと時計回りに動き出す。

正美は自分の背中に別の生き物が寄生しているような感覚を覚えた。それは決して不快ではなく、なぜか生まれる前の記憶を呼び覚ますような不思議な感覚だった。日常で何度も見た主人の冷めた目や子供の泣き顔、猜疑心の塊のようなママ友の笑顔が、時計回りの手の動きに合わせて黒板消しで消されるように消滅していった。

性感マッサージを受ける正美の緊張感は、それと共に消えていき、体とベッドが接触している感覚もなくなった。その時ふと大学生になる長男、優(マサル)の彼女チッチの顔が浮かんだ。千晴という名前を一度聞いたことはあったが、息子の彼女はチッチだということにまったく違和感がなくなっていた。

優とチッチは正美の世界には存在しないあきらかに異質な塊を運び込んでくる。親鳥が運んでくる餌を待つひな鳥に感情というものがあるとしたらそれとは真逆の気持ちをいつも感じていた。

自分の分身が自分の想像を超えた存在に成長していることが正美にとっては心地よかった。あれほど手を焼かせた優がチッチの前では頼もしい男性として振舞っている。達成感や安堵感のようなものなのかも知れないが、いつしか正美は見知らぬ男とホテルにいるという状況を忘れて、ただ至福を味わっていた。

Mの温かい手は、いつのまにか背中を時計回りに撫でることからL一からL五まである腰椎の一番へこんだ骨、L四番から放射状に動き出していた。うつぶせの正美の左手側に座っているMから見るとちょうど十二時の方向が、正美の腰の右側面にあたる。精密時計のように正確に手の温かさの針が、L四番を基点として一時、二時と示し始めた。

時計に追われるようになったのは、いったいいつからだろう。正美はふと、自分の一日を振り返っていた。家族の中で一番最後に寝て、家族の中で一番最初に起きるようになってから二十年以上が経過していた。家族のために時計を何度見たことかわからない。その行為が、自分の大切な時間を削っているなどと気づかないままに。

「寒くないですか?」

聞き覚えのある声が聞こえてきた。正美は直感的に大丈夫ですと返事をした。自分がどこにいてどんな状態だったかを思い出したのは、返事をした後のことだった。マッサージを始めてから二度目の会話となる。一度目も部屋の温度について聞かれただけだった。

Mは寡黙だった。さっきまでソファでにこやかに会話をしていた男と同じ人物とは思えないほど真剣な顔をしていたが、正美の返事を聞いて微笑んだ。それはさっきまで正美の頭の中に浮かんでいたチッチや時計のことを見透かされていたような微笑だった。

正美は急に現実に戻されて緊張がまた蘇ってきた。

「いつもこんなに静かなんですか」

今日、初めて正美から口を開いた。

「マミさんが、静かなので……」

Mは正美の肩甲骨を揺らすように撫でながら話し始めた。正美は施術を予約する際にマミという仮名を使っていた。

「今は、この後の性感マッサージの効果を高めるための下準備として体に話しかけているんです。その為にあまり関係のない話はしないようにしています」

「体に話しかけるって?」

「体、とくに肩甲骨などが硬くなっている人は、問題をたくさん抱えて処理しきれていないので、労ってあげるというか、今日は安心してリラックスしてくださいねって語りかけるんです」

その他の部位に関してもいろいろな語りかけをするのだとMは答えた。

「優しく語って撫でてあげると、オキシトシンというホルモンが分泌されるんです」

Mへの安心感は、それが作用しているようだ。《第二話へ


2月16日より東京に行きます。詳細はこちら。



友達に追加していただくと、友達限定イベントに関する告知を送らせていただきます。ぜひ、ご登録を!


■施術料金・ご予約はこちらからお願いします

営業時間:24時間(年中無休)
※遅い時間でも可能ですので、お気軽にご相談ください。

■お客様の声をまとめました
■カウンセリングを希望される方
■性感マッサージを希望される方
■性感マッサージ師になったきっかけ
■性感マッサージ師になるための方法
■裏施術日記(アドレス登録が必要です)

セカンドバージン

つぶやき
01 /24 2021
施術依頼をされる半数以上、たぶん7割ぐらいは既婚女性なのですが、その半数以上がセックスレスが原因で予約動機になっていると思います。

セックスレスもお互いが自然にしなくなったというのもあれば奥さんのほうがご主人としたくなくなったというのもあればその逆もあります。

お互いに嫌いじゃないし尊敬もし好きな状況であっても、パートナーとのセックスは卒業したということであればそれほど問題は大きくないのかも知れませんが、ご主人から女性として見てもらえず悶々とした日々を送られている場合は、自尊心も傷つきますし、自信もなくすことでしょう。

特によく聞くのは、子供を産んでから一切セックスがなくなったという話です。

男性の本能的なものに起因しているような気もするのですが、子孫を残すという役目が終わったと感じてなのか、妻を女性ではなく母として家族としてとしか見れなくなり、性の対象ではなくなったからなのかも知れません。

理由はどうであれ既婚女性にしてみれば女性としての魅力や価値を推し量るものは、夫の言葉や態度がほとんどを占めるわけで、それがまったく機能していないのであれば自信を無くしてしまうのは当たり前です。

更年期や閉経を迎える年齢になると女であることすら終わってしまうと感じる方も多くいらっしゃいます。

もしこの記事を既婚男性が読んでいらっしゃるのであればセックスを再開しろとは言わないので、気が付いた時に奥さんに対して女性だということを再認識してもらうための言葉をかけたり、態度をとって欲しいなと思います。

義務的なプレゼントよりも、二人だけの会話やデートなどでもいいと思います。

セカンドバージンという言葉あり、年単位で行為をしなくなるとそう呼ばれるようですが、僕の経験上20年以上セックスから遠ざかっていても女性の機能が衰えるということは無いと思います。

機能よりも脳が女を捨ててしまったら、体はその状態になるはずです。

いつまでも綺麗で可愛い妻であって欲しいと気持ちが少しでもあるんでしたら、夫の責任はすごく大きいということを理解してください。


2月16日より東京に行きます。詳細はこちら。



友達に追加していただくと、友達限定イベントに関する告知を送らせていただきます。ぜひ、ご登録を!


■施術料金・ご予約はこちらからお願いします

営業時間:24時間(年中無休)
※遅い時間でも可能ですので、お気軽にご相談ください。

■お客様の声をまとめました
■カウンセリングを希望される方
■性感マッサージを希望される方
■性感マッサージ師になったきっかけ
■性感マッサージ師になるための方法
■裏施術日記(アドレス登録が必要です)

大衆食堂の店構えにやられてしまいました~

旅日記
01 /21 2021
昨年のことですが、仕事で本町(オフィス街です)に行った帰りにふと目についたお店がありました。
DSC_1235.jpg

大衆酒場、大衆食堂ののれんとその上のお品書きに心を奪われ気づいたときには店内に入っていました。
DSC_1237.jpg

午後6時を少し回ったぐらいの時間でそれほど人はいなかったため、4人掛けのテーブル席に座らせてもらいました。調理場には男性が2・3人とホールは、若い女の子とふくよかなおばさんがいました。

食堂には年をとった女性が何故か似合います。座った席の横にあった鏡越しにパチリ!アルバイトはスーツなので苦しいです。
DSC_1243.jpg

1品ものはホントにサラリーマンに優しい価格になっていて、大衆酒場という名にふさわしい品揃えでした。
DSC_1262.jpg

定食は普通の値段でしたが、後から入ってきて後ろの席についた3人組のサラリーマンが注文したのを見るとだし巻き卵が1本ついていてとてもボリューム満点で、値段以上の価値がありました。
DSC_1259.jpg

とりあえずビールです!サッポロの瓶ビールは珍しくうれしかったです。
DSC_1241.jpg

おでんを3品チョイスし、ポテトサラダとハムカツを注文。ポテトサラダにハムが乗っているのは誤算でした。(ハムかぶり~)
DSC_1246.jpg

出汁がしゅんでて(しみ込んでいて)熱燗が欲しくなりました。
DSC_1249.jpg

ごはんセット(250円)です。
DSC_1252.jpg

ハムカツくん登場~。あまり大阪で食べたことが無いんですが、もしかすると東京に本社がある会社が経営しているのかもな~と考えながら熱々のハムカツをガブリンチョとさせてもらいました。
DSC_1256.jpg

贅沢な晩御飯です。
DSC_1258.jpg

焼き物は炭を使っているみたいですね。
DSC_1263.jpg

ごちそうさまでした!
DSC_1265.jpg

僕が食べている間に5・6組のお客さんが入って来られて、4人掛けテーブルを占領していたため早々にお店を出ました。もしまた近くを通ることがあれば定食を頼んでみたいと思います。
DSC_1268.jpg



2月16日より東京に行きます。詳細はこちら。



友達に追加していただくと、友達限定イベントに関する告知を送らせていただきます。ぜひ、ご登録を!


■施術料金・ご予約はこちらからお願いします

営業時間:24時間(年中無休)
※遅い時間でも可能ですので、お気軽にご相談ください。

■サロゲートパートナー(代理恋人)
■カウンセリングを希望される方
■性感マッサージを希望される方
■性感マッサージ師になったきっかけ
■性感マッサージ師になるための方法
■裏施術日記(アドレス登録が必要です)
■性風俗従事者向けメルマガ発行(現在休刊中)

共通テストで鼻だしマスクで失格になった問題について

つぶやき
01 /19 2021
もともとコロナ関係で過剰になっている世間を斜に構えて見ている僕は、この話題をあえて避けていたのですが、大学の共通テストでマスク着用の義務を守っていたのにも関わらず、鼻が出ているというということで失格になってしまったニュースを見て我慢できずに記事にします。

ちなみに少し酔ってます。

この問題については、脳科学者の茂木さんも否定的なコメント残していて、鼻が出ていることで6回注意していた試験官が次に出していたら失格にすると言ってそれが現実になってしまったということで、茂木さんはそれによって試験官は何を守りたかったのかという疑問を投げかけていました。

まずマスクでコロナがどうこうなるとかいう考え方に否定的な僕からすると、その試験官はマスクを着用するという規定を守っている受験生の1年間の努力を無駄にし、もしかするとその受験生の人生にも影響を与える行動に出るだけのモチベーションがあるのかというのが不思議でたまりません。

鼻が出ていたくらいで。

僕が試験官なら、試験中は話すこともないんだからマスクを外してテストに集中してくださいと言いたいぐらいです。(たぶん大変な非難を浴びるでしょうけれど)

この試験官に限らず状況の原因になっている本質的なことなどはどうでもよくて世間の風潮に踊らされている人が多すぎると改めて実感すると同時に、そんな人たちが悪影響を及ぼしている状況はとても悲しく感じます。

その受験生のマスクは、もしかしたらこの日のために母親かおばあちゃんあたりがお手製でプレゼントしてくれたのかも知れません。機能的にずり下がってしまう作りになっていただけなのかも知れないのに、単なる自分の正義感だけで人生を壊してしまっていいのかと思います。

あ~~、やっぱり酔うといらんことを話してしまします~~~!

おまけ

話す内容よりもマスクがずり下がることが気になってします動画


回答が無効になってしまった受験生に言いたいのは、試験官や世間に愚痴をいうことよりもそうなった自分が最高に幸せになる一歩を手に入れたんだということです。

僕は50代も後半に入ってますけれど、まだまだ人生を模索しているのと同時にこれからの自分にワクワクしてます。

大学入試のテストで躓いたからと言って悲観することもないですし、逆にそれをチャンスだと思って進んで行ってください。


投稿後。たまたまYouTubeを観てたら、ロンドンブーツの淳さんのチャンネルでこのことについて言及している動画を見つけました。彼は、僕と違って6回も注意されてもちゃんとやらなかった受験生を非難していたのですが、その動画のコメントを見るとその受験生は40代で、最後に注意をされたときにトイレにこもって、最終的には警察が来るような騒ぎになったそうです。

この記事を書いたときにはそういった事情を知らなかったので、受験生を完全擁護する内容の記事を書いてしまったことを少しあさはかだったかなと思ってます。

マスクから鼻が出ていただけで失格になった訳ではない事情がその会場内であったのかなとも思いました。

やっぱり酔っぱらっているとダメですね。
酔ってなくても今後は物申す系の記事は書かないようにします。(なるべくですけれど。。。)



友達に追加していただくと、友達限定イベントに関する告知を送らせていただきます。ぜひ、ご登録を!


■施術料金・ご予約はこちらからお願いします

営業時間:24時間(年中無休)
※遅い時間でも可能ですので、お気軽にご相談ください。

■サロゲートパートナー(代理恋人)
■カウンセリングを希望される方
■性感マッサージを希望される方
■性感マッサージ師になったきっかけ
■性感マッサージ師になるための方法
■裏施術日記(アドレス登録が必要です)
■性風俗従事者向けメルマガ発行(現在休刊中)

鉄道カラオケ

つぶやき
01 /18 2021
貧乏暇なしと言いますが、僕の場合は貧乏暇すぎるって普通のことになってます。

もっと働けっ!

って、感じですね。

まあその暇すぎて有り余った時間の大半がYouTubeの視聴時間になっていて、たぶん日本のYouTubeコンテンツを語らせたら5本の指に入るぐらい、幅広いジャンルを網羅していると自負できます。

そんな僕でもやっぱりまったく知らないジャンルがまだまだたくさんあると思うのですが、今日はすごい人を見つけたのでご紹介しようと思います。

佐藤チャンピオンです!

えっ?どの佐藤?っていう人が大半だと思いますが、佐藤チャンピオンはエアトレインのチャンピオンなのです!

エアトレイン?・・・・

口で鉄道を表現することをエアトレインという新語で表しています。

タイトルにあった鉄道カラオケというのは、文字通り鉄道のアナウンスをカラオケで歌う(?)ことです。

カラオケにそんなジャンルがあることにびっくりしました。

最後に佐藤チャンピオンが鉄道カラオケを歌っている動画があったのでご紹介したいと思います。



佐藤チャンピオンはもっと有名になるべき人だと思います!
他にも動画がたくさんあるので、お暇な方はぜひご覧ください。


2月16日より東京に行きます。詳細はこちら。



友達に追加していただくと、友達限定イベントに関する告知を送らせていただきます。ぜひ、ご登録を!


■施術料金・ご予約はこちらからお願いします

営業時間:24時間(年中無休)
※遅い時間でも可能ですので、お気軽にご相談ください。

■サロゲートパートナー(代理恋人)
■カウンセリングを希望される方
■性感マッサージを希望される方
■性感マッサージ師になったきっかけ
■性感マッサージ師になるための方法
■裏施術日記(アドレス登録が必要です)
■性風俗従事者向けメルマガ発行(現在休刊中)

施術をしていただいた女性の声をまとめました。

告知
01 /17 2021
2012年に風俗営業届を出してから8年ほど経過したのですが、この間にお会いした女性の数は、1月17日現在で559人になります。

性感マッサージの仕事を始めたときから、新規のお客様には任意でアンケートをお願いしていました。
いただいたアンケートと、その時の施術の内容や僕自身の思いなどをこのブログなどに投稿させていただいているのですが、そのアンケート自体を無造作にA4のクリアファイルに入れている状態がよくないな~と思って、ちゃんとしたファイルにまとめようと思いました。

まとめる前の状況はこんな感じです。
DSC_1642.jpg

厚みがこれ。
DSC_1644.jpg

量が分かりづらいですけれど、広げるとこんな感じです。
DSC_1646.jpg


このブログを見ていただけるとわかると思うのですが、アンケートをいただいた時の記事は、「お客様の声」というカテゴリでまとめていて、記事数は370となっていました。

今回まとめたアンケートを数えてみると511枚あり、そのうちの141枚はブログに掲載していないことになります。

アンケートは書いたけどブログに投稿しないで欲しいといったものや掲載後に彼氏が出来たので削除して欲しいといったものや読んでみて素性が分かりそうだから掲載して欲しくないなど、その他いろんな事情で掲載して欲しくないということで実際にいただいた数よりも記事数が少なくなっています。

ただ、そんなことよりも初めて来られた方にアンケートをお願いしてそのほとんどが快く書いてくれたことに本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

559人のうち511人が書いてくれているのです。(正確には僕がアンケートを忘れたために物理的に書いてもらってない人も結構いますので、9割超の女性が協力してくださっています。)

始めた当初は、A4用紙にアンケート内容を印刷して、そこに書いていただいていたのですが、途中から経費削減ということでB5サイズに変わりました。

DSC_1648.jpg

DSC_1650.jpg

無造作に保管していたアンケートをしっかりとしたファイルにまとめようと思います。
DSC_1652.jpg

一気に穴をあけることが出来ないので数枚づつ穴を空けてファイルに納めてたのですが、その都度手を止めてアンケートに対する回答を読み返すと、何年の前に一度だけお会いした方の顔も鮮明に思い出すこともありました。

施術を受けられた後の彼女たちの人生がどのように変化したのかなと妄想にふけながら淡々と作業をすすめ、ファイルに納めました。
DSC_1654.jpg

僕にとってはホントに貴重な財産であるのですが、これをちゃんと整理して皆さんにとっても役に立つような形にしたいと思い、何年か前にアンケートだけをまとめて統計を取るような形のブログを立ち上げたのですが、2016年のアンケートで止まっているようなので、また再開してボチボチ更新していこうと思っています。

施術を受けに来られた年齢別の数や動機などをに分類してますので、興味のある方はご覧ください。
「女性用風俗レポート」

>>最新のお客様の声は、こちらからご覧いただけます。


2月16日より東京に行きます。詳細はこちら。



友達に追加していただくと、友達限定イベントに関する告知を送らせていただきます。ぜひ、ご登録を!


■施術料金・ご予約はこちらからお願いします

営業時間:24時間(年中無休)
※遅い時間でも可能ですので、お気軽にご相談ください。

■サロゲートパートナー(代理恋人)
■カウンセリングを希望される方
■性感マッサージを希望される方
■性感マッサージ師になったきっかけ
■性感マッサージ師になるための方法
■裏施術日記(アドレス登録が必要です)
■性風俗従事者向けメルマガ発行(現在休刊中)

【映画】えんとつ町のプペルを観て パート2

つぶやき
01 /15 2021
パート1で【映画】えんとつ町のプペルを観た感想を書きました。

映画が始まり、冒頭から50を超えたおっさんが目に涙を浮かべていることを知られないようにするのに大変だったぐらいに感動したのですが、時間が経ちあらためて思い返した時に気になった個所がいくつかあり、その記事の後半部分では、批判的なことを書いてます。

今後の西野さんとプペルに期待していることの裏返しではあったのですが、今日youtubeで街録chという動画を観て重箱の隅をつつくような記事を書いた自分が恥ずかしくなりました。

そのチャンネルは街中で毎回違うゲストにインタビューするといった単純な構成なのですが、インタビュアーの技術が高いことも関係して、赤の他人の人生にしだいに引き込まれていくのです。

昨日見た動画は、たぶん西野さんの会社で西野さんのマネージャーをされている女性がゲストでした。

その内容は最後に紹介する動画を観ていただければと思うのですが、こんな優秀な人がそばにいて、たぶん彼女以外にも優秀なスタッフが周りにたくさんいるんだろうなということを実感したときに、自分の書いた以前の記事の内容がふと頭に浮かんで恥ずかしい気持ちになったのです。

よくよく考えてみると初めて作った映画のクオリティではないですし、その映画に夢や希望を託しているスタッフやファンの数は、これまでの日本の映画ではありえない状況になっていると思います。

2作目が出来ても映画館には行かないだろうと前の記事では言ってたんですが、それは撤回して次も映画館に足を運んで周りを気にせず号泣しようと思います。



>>パート1の記事はこちら


2月16日より東京に行きます。詳細はこちら。



友達に追加していただくと、友達限定イベントに関する告知を送らせていただきます。ぜひ、ご登録を!


■施術料金・ご予約はこちらからお願いします

営業時間:24時間(年中無休)
※遅い時間でも可能ですので、お気軽にご相談ください。

■サロゲートパートナー(代理恋人)
■カウンセリングを希望される方
■性感マッサージを希望される方
■性感マッサージ師になったきっかけ
■性感マッサージ師になるための方法
■裏施術日記(アドレス登録が必要です)
■性風俗従事者向けメルマガ発行(現在休刊中)

すごく感じてもぜんぜん濡れない

お客様の声
01 /14 2021


昨年も僕のことを知っていただいてから7年目に初めてお会いしたという方の施術をさせていただきましたが、今回の女性も初めてメールをいただいてから8年が経過しての予約となりました。

その間ずっとブログを見ていたとかメールでのやり取りがあった訳でもなく、少し前から通いだした普通のマッサージ屋さんに通ううちにふと僕の名前が浮かんだとのことでした。

40代の既婚女性です。

彼女は数年前に乳がんを発見し乳房を全切除されていて、そんな体でも施術は受けてもらえますかという内容のメールを送って来てくださいました。

僕のところに予約の問い合わせをされる際に年齢や容姿などを気にされ、そういった質問をされる女性は少なくないのですが、僕に限って言えばまったく気にされなくて大丈夫なので、今回も気軽にお越しくださいという返信をさせていただいように思います。

吉本新喜劇が大好きな方で、ホテルのエレベーターに乗り込んだ時に新喜劇の座長さんに似ていると指摘されました。

初めて言われたので似ているのかな~という疑問も湧きましたが、彼女自身がその座長さんを好意的に思っている感じがしたので、僕自身も少し安堵し少し緊張が解けたように思います。

8年前にメールをいただいたときは、ご主人の浮気などが原因で僕を見つけられたそうですが、今は夫婦仲が悪いというわけではなく年を重ねていった結果8年前よりも勇気が持てるようになったとのことでした。

お話をいろいろ伺っていて一番興味をもったのは、すごく感じて興奮しやすいのにまったく濡れないというところでした。

その症状に興味を持ったのではなく、彼女がそういう体質だから申し訳ないという気持ちを抱いていたことです。

結婚前も何人かのかたとのお付き合いがあったそうですが、過去に一度も濡れたことがないということだったので、もしかするとその度に相手の男性に対してそういった気持ちを抱かれていたのかなとも思い、施術ではそういった気持ちにならなくて済むようになって欲しいと思いました。

結果的には持参されていた潤滑ゼリーを使用することなく通常通りの施術が出来ました。

彼女はその他にもコンプレックスをお持ちでしたが、それらが霞むような魅力をたくさん持っていて本当に魅力的な女性だなと思いましたので、帰ってからいただいたお礼のメールには、もっと自信をもってくださいという返信をさせていただきました。

自信を持てばさらにその人の魅力が倍増するはずですから。


2月16日より東京に行きます。詳細はこちら。



友達に追加していただくと、友達限定イベントに関する告知を送らせていただきます。ぜひ、ご登録を!


■施術料金・ご予約はこちらからお願いします

営業時間:24時間(年中無休)
※遅い時間でも可能ですので、お気軽にご相談ください。

■サロゲートパートナー(代理恋人)
■カウンセリングを希望される方
■性感マッサージを希望される方
■性感マッサージ師になったきっかけ
■性感マッサージ師になるための方法
■裏施術日記(アドレス登録が必要です)
■性風俗従事者向けメルマガ発行(現在休刊中)

2月は東京で出張施術を行います。

告知
01 /13 2021
毎年行っている全国出張の第1弾として、2月17日から東京での出張施術を行うことにしました。

変更があるかも知れませんが、今のところの日程は下記のとおりです。

東京から大阪までの他府県のかたも、もしご興味がありましたらご連絡ください。

予約状況と予約方法
2月17日(水) 東京予約済予約済
2月18日(木) 東京予約済予約済
2月19日(金) 東京
2月20日() 東京予約済予約済予約済
2月21日() 東京~大阪

※東京・静岡近郊のかたも時間の都合が合えばぜひこの機会にご利用ください。

施術・コンサルティング等の費用は以下のとおりです。
■施術費用
2時間15,000円(延長30分3,000円)
ホテル代は別途必要です。
※出張費についてはご相談ください。

■コンサルティング費用
性感マッサージ師になるためのコンサルティングを行います。
1時間10,000円(延長30分5,000円)
※出張費についてはご相談ください。
※申し込まれた方には「集客の書」(非売品)を進呈いたします。
>>集客の書の詳細はこちら

■カウンセリング費用
セックスレス・浮気・不倫・不感症・夫婦問題等についてご相談ください。
1時間6000円(延長30分3000円)

※遠方の場合は、出張費がかかる場合がありますので、ご了承ください。
▼予約方法▼
お電話又は、フォームにてご連絡ください。
TEL:080-9521-0504


施術を希望される日時・場所などを下のフォームに記入していただき送信してください。
は必須項目です。
当日もしくは翌日にご連絡させていただきますが、一部の携帯電話などで返信できない場合があります。2日以上経過しても連絡が無い場合は、お手数ですが再度ご連絡くださいますようお願いいたします。


友達に追加していただくと、友達限定イベントに関する告知を送らせていただきます。ぜひ、ご登録を!


■施術料金・ご予約はこちらからお願いします

営業時間:24時間(年中無休)
※遅い時間でも可能ですので、お気軽にご相談ください。

■お客様の声をまとめました
■カウンセリングを希望される方
■性感マッサージを希望される方
■性感マッサージ師になったきっかけ
■性感マッサージ師になるための方法
■裏施術日記(アドレス登録が必要です)

2年連続の残り戎

旅日記
01 /12 2021
今宮戎神社から参拝を自粛してくださいという告知があるのは知っていたのですが、バイト帰りに残り戎に行ってきました。

自粛しろというぐらいなら中止にするか郵送で福笹をもらうかだけにすればいいと思うのですが、年間100万人近い人が参拝に訪れるイベントを中止にするのは簡単なことではないのかも知れません。

いろいろ複雑な気持ちを抱えながら昨年の熊手を持って地下鉄に乗りました。
DSC_1520.jpg

大国町という駅はバイトに行くときに通る駅で、同じホームに四つ橋線と御堂筋線があります。こちらの青いのが四つ橋線です。
DSC_1521.jpg

ホームには戎さんへの誘導が貼ってありました。
DSC_1524.jpg

強風注意を促す風車のようなものがあり見てるだけで寒さが倍増します。誘導はさらに増加!
DSC_1526.jpg

外に出ると戎さんの方向が分かるように賛同してる企業名が書かれた提灯がたくさんありました。
DSC_1531.jpg

会社帰りのサラリーマンやってます。
DSC_1533.jpg

かなりそそられます~。昨年は帰りにステーキを食べていて今回も同じ店に行こうと思ってたのですが、来年はおでんもいいかなと思いました。
DSC_1536.jpg

5分も歩かないうちに南海の今宮戎駅に到着。一番の最寄駅です。
DSC_1538.jpg

昨年は朝の5時半ごろに来たのですが、その時と同じぐらいの人出です。
DSC_1539.jpg

午後7時頃でこの状況は観たことがなく、ことの重大さを感じました。
DSC_1542.jpg

境内に入ると意外と人がいて程よい感じでした。昨年の熊手は返却します。
DSC_1546.jpg

福娘さんたちは普段と同じような感じで笹に縁起物をつけています。
DSC_1548.jpg

笹は無料でもらえ、そこに縁起物を予算に合わせてつけてもらいます。ひとつ1500円~2500円だったように思います。
DSC_1553.jpg

一昨年は福娘さんにつけていただいたのですが、今回は本殿にいる巫女さんにつけてもらうことにしました。
DSC_1554.jpg

巫女さんの前にはずらりと縁起物が並んでいます。写真の上側がぼけているのはフィルターをかけているのではなくビニールシートが垂れ下がっているせいです。
DSC_1557.jpg

結局、5個の縁起物をつけていただきました。全部で8000円です。昨年の熊手は3000円だったのでグレードアップですね。1年間の商売繁盛を数千円でかなえてもらうというのも虫のいい話かも知れません。
DSC_1559.jpg

いつもは出店で賑わっている場所です。恒例の飴も買えませんでした。この商売をされている方たちが本当に不憫に思います。
DSC_1563.jpg

この通りには店内で飲むことが出来る大型の屋台やホストクラブまで並んでいました。
DSC_1564.jpg

で、二年連続いきなりとつぜんステーキ!
DSC_1568.jpg

アメリカ産と国産の牛肉がグラム単位で売っていて、昨年は一番安いアメリカ産の肩ロースを注文しました。
DSC_1569.jpg

最初ワインを注文したのですが、この日はバイト先でも結構歩いて汗ばむぐらいの陽気だったのでビールも追加で注文しました。昨年は肉オンリーだったのですが、今回はサラダ(200円)も注文。
DSC_1573.jpg

ビールを飲んで一息ついたらネクタイが鬱陶しかったので外します。
DSC_1575.jpg

肉登場。アメリカ産のサーロインステーキ300グラムです。肩ロースの次に安い肉です。1グラム8円。
DSC_1577.jpg

昨年の肩ロースは食べた瞬間に「固(かたっ)!」って思ったのですが、今回は普通に柔らかくてペロリンちょでした。
DSC_1579.jpg

ステーキソースは2種類で、あと岩塩や胡椒などでお好みの味つけが出来ます。
DSC_1581.jpg

ごちそうさまでした!300グラムだと少し物足りない感じでした。僕が入ったときには客がゼロで4人掛けのテーブルを占領していたのですが、食べ終わる頃には結構人が入ってきて席が無くなりそうだったので追加注文を断念して店を出ました。
DSC_1582.jpg

全部で3,960円です。
DSC_1587.jpg

丑年の今年は、たくさん食べると縁起がいいのかな~~。
DSC_1585.jpg

ボケてますが、遠くに通天閣が青く光っていました。
DSC_1591.jpg

日本橋の通りを歩いていると昨年はなかった牛の店を発見。
DSC_1595.jpg

蕎麦にもこだわっているみたいで、不思議な取り合わせです。そういえば東京駅の構内にも別の店で肉とそばのコラボ店があったような。
DSC_1598.jpg

日本橋の通り(堺筋)から東に行くと松屋町(まっちゃまち)筋があり、そちらから帰ります。遠くに施術でいつも利用するホテルラブのシンボルが光っています。
DSC_1599.jpg

この状況でもホテルに行くとほとんど満室状態であることが多く、不況や疫病などよりも性欲が勝つのかなと思うことがたまにあります。
DSC_1606.jpg

来年の戎さんは、人が少ない朝方にしかいけないぐらいに盛り上がって欲しいものです。

昨年の戎さんの記事は、ライブドアブログでご覧いただけます。
サロゲートパートナー「残り戎に行ってきました~」



友達に追加していただくと、友達限定イベントに関する告知を送らせていただきます。ぜひ、ご登録を!


■施術料金・ご予約はこちらからお願いします

営業時間:24時間(年中無休)
※遅い時間でも可能ですので、お気軽にご相談ください。

■サロゲートパートナー(代理恋人)
■カウンセリングを希望される方
■性感マッサージを希望される方
■性感マッサージ師になったきっかけ
■性感マッサージ師になるための方法
■裏施術日記(アドレス登録が必要です)
■性風俗従事者向けメルマガ発行(現在休刊中)

続きを読む

有名人のyoutube動画にコメントしてみたら。。。

つぶやき
01 /10 2021
僕の悪い癖だと思うのですが、酔っぱらうと物申す系の人間になってしまうようで、以前もnoteというブログサービスでコロナなんて全然大したことは無いというプロパガンダに集まった人たちを引き連れてマスクをつけずに山手線に乗るというパフォーマンスをした議員さんだったと思うのですが、その人をブログで批判した人に対してコメントを残したことがあります。(そのコメントというのは、その行為をした人は確かに行き過ぎているのかも知れませんが、それを批判しているあなた自身もコロナに対して過剰になり過ぎているのでは?といった内容だったと思います)

そのコメントの内容については、今でも間違っているとは思わないのですが、わざわざまったく見ず知らずの人が発信していることに批判的な意見を言うことってとても子供じみているなと思い、その翌日僕のコメントを削除しました。

何故かコメントをした直後に、まったく知らない方から賛同のコメントをいただいて正直うれしかったのですが、酔いが覚めて削除したことをお詫びするコメントを賛同していただいた方に返信させていただきました。

今日、この記事を書いている3分前ですが、ある有名人の動画に否定的なコメントを入れてしまいました。

今、この記事を書いている間にも、僕のコメントに対して逆に否定するコメントが2・3寄せられています。

自分が発信したことにリアルタイムで反応があるというのは、それが是か非のどちらであっても楽しいことなのかも知れません。

僕の場合は、賛同してくれるコメントがゼロなので楽しくないですけれど。。。

もしかすると明日になれば僕のコメントが削除され、それに対して批判的なコメントも削除されるのかも知れませんけれど一応、その動画を紹介しておこうと思います。








友達に追加していただくと、友達限定イベントに関する告知を送らせていただきます。ぜひ、ご登録を!


■施術料金・ご予約はこちらからお願いします

営業時間:24時間(年中無休)
※遅い時間でも可能ですので、お気軽にご相談ください。

■サロゲートパートナー(代理恋人)
■カウンセリングを希望される方
■性感マッサージを希望される方
■性感マッサージ師になったきっかけ
■性感マッサージ師になるための方法
■裏施術日記(アドレス登録が必要です)
■性風俗従事者向けメルマガ発行(現在休刊中)

薄まる世界

つぶやき
01 /08 2021
数日前に投稿した記事「【映画】えんとつ町のプペルを観て」で、酷評しました。

その原因を考えてみた時に思いついたのが、制作陣や原作・総指揮である西野さんのせいではなく今の時代そのものが影響しているのではないかということでした。

尖ったものやこってりしたものなどあとあと物議を醸しだしそうなものをなるべく避けて、結果的になるべく100に近い満足度を目指すことで、無難で予定調和なものが完成するのだと思います。

もう60年近くも生きている僕のような人間にとって、心に何もささらないものに触れる時間が惜しいからという訳でも無いですが、9年近くもテレビがない生活を続けていて制約がどんどん増えている中で制作する人たちが可哀そうにさえ思うのです。

常に平均以上のクオリティを求められ、マイナスポイントを極力避けることが、現代社会にとって必要であり必須条件になっています。

そんな社会にとって僕のやっている性感マッサージなどというものは、はっきり言って論外であり到底受け入れられないものであるのは言うまでもないですが、そういった世界に共感したり救われる人もあるということを知って欲しいとも思います。

女性向けの性感マッサージという職業が尖っているのかこってりしたものであるのはわかりませんが、まだまだ世間に認知されていない状況だからこそ、変な制約がそれほど無いという利点もあるような気がします。

世の中をより深く見渡せば、そういった世界はまだまだあるのかも知れませんね。

最後にこってりした時代ならではの動画を見つけたので、ご紹介しようと思います。




友達に追加していただくと、友達限定イベントに関する告知を送らせていただきます。ぜひ、ご登録を!


■施術料金・ご予約はこちらからお願いします

営業時間:24時間(年中無休)
※遅い時間でも可能ですので、お気軽にご相談ください。

■サロゲートパートナー(代理恋人)
■カウンセリングを希望される方
■性感マッサージを希望される方
■性感マッサージ師になったきっかけ
■性感マッサージ師になるための方法
■裏施術日記(アドレス登録が必要です)
■性風俗従事者向けメルマガ発行(現在休刊中)

【映画】えんとつ町のプペルを観て

つぶやき
01 /06 2021
昨年末にキングコングの西野さんが制作した【映画】えんとつ町のプペルを観ました。

youtube等で彼がプペルを映画化するまでの思いや絶対にヒットさせるための計算されつくした経緯、それに関係するスタッフの思いや努力、誹謗中傷など、その背景が予め予備知識として僕の中にあったために映画が上映された直後から感動でうるうるしていました。

途中何度も涙をにじませたりして、エンドロールが終わった瞬間には自然と拍手がしたくなる気持ちになりました。実際に拍手が起こった映画館もたくさんあるようです。

そんな作品だったので5点満点中の4.5~5ぐらい付けてもいいはずなのですが、しばらく時間が空き冷静になって考えてみると3点になるかどうかなという気がしています。

ここからはネタバレする内容を含みますので、これから観ようと思われている方は読まないようにしてください。

この作品のテーマは、諦めずに思いを貫いていけばきっとその思いは実現するといったことで、それは西野さん本人が10数年かけて一枚の紙とペンから始まった絵を描くという行為が海外にまで上映される映画作品を完成させたという実際のストーリーとリンクしています。

ただその思いが強すぎて、なんの予備知識も無い人が映画単体だけを観たらあまり感情移入が出来ないのではないかという疑問が湧いています。

というのもあまりにもえんとつ町という世界の存在とそこに住む人たちが夢を語るルビッチや父親のブルーノを迫害する理由の説明が不親切で、無理やり感が否めないからです。

その町の通貨は、エルと呼ばれ、時間が経てば経つほど価値が下がるもので、それが出来た経緯などはとても面白いのですが、映画の中では説明で終わっていてえんとつ町自体が余計に薄っぺらいものに感じてしまいます。

映像自体はとても手が込んでいて綺麗だし、声優の方たちの熱演も素晴らしかったためにそれが余計に気になりました。

またゴミ人間のプペルと主人公のルビッチの出会いのシーンや最後に煙で覆われた空を破壊する場面、その他さまざまな場面が、どこかの映画で観た光景だなというのも残念で仕方ありません。

こうして酷評を書いているのは、次回作にもっと期待している気持ちの裏返しなのだと思います。

エンドロールを観ているとたぶん続編を考えているのだと思うので作品がヒットし、ディズニー作品のリメンバー・ミーのようになんの予備知識がなくても、その世界にどっぷりと入り込み主人公の思いに共感し、笑いと涙が自然に出る作品が出来ることを期待したいです。



友達に追加していただくと、友達限定イベントに関する告知を送らせていただきます。ぜひ、ご登録を!


■施術料金・ご予約はこちらからお願いします

営業時間:24時間(年中無休)
※遅い時間でも可能ですので、お気軽にご相談ください。

■サロゲートパートナー(代理恋人)
■カウンセリングを希望される方
■性感マッサージを希望される方
■性感マッサージ師になったきっかけ
■性感マッサージ師になるための方法
■裏施術日記(アドレス登録が必要です)
■性風俗従事者向けメルマガ発行(現在休刊中)

人生に新しい色を加えた施術

お客様の声
01 /05 2021


30代の既婚女性が今回の依頼者です。

お子さんもいらっしゃるようでしたが、たまたまこの日は一人で過ごすことになったということで前日に連絡がありました。

年代や既婚・未婚かによってだいたい施術を依頼される方の理由が違ってきます。

30代の既婚女性、とくにお子さんもいらっしゃる方の依頼理由の大半はセックスレスになるのですが、今回の場合は定期的にセックスもしていて夫婦仲も良好のようで、単なる好奇心から連絡をしてくださったようです。

施術をするときには、依頼理由をお聞きしてその方になるべく寄り添った形の施術を心がけているのですが、夫婦仲に問題が無く単純に好奇心を満たす施術をするというのはあまり経験がないため、結構いろいろ考えながらさせていただきました。

ヒントではないですが、ご主人のセックスは男性向けのアダルトビデオを参考にした感じだということだけお聞きしていたので、より丁寧で時間をかけてゆっくりとするこで、普段とは違うものを体験していただければと思いました。

正直なところ、この施術が夫婦間のセックスにプラスになるとは思えませんでしたが、いつもと違った体験をしてもらったことは彼女の人生にまた別の色が加えられたのかも知れません。



友達に追加していただくと、友達限定イベントに関する告知を送らせていただきます。ぜひ、ご登録を!


■施術料金・ご予約はこちらからお願いします

営業時間:24時間(年中無休)
※遅い時間でも可能ですので、お気軽にご相談ください。

■サロゲートパートナー(代理恋人)
■カウンセリングを希望される方
■性感マッサージを希望される方
■性感マッサージ師になったきっかけ
■性感マッサージ師になるための方法
■裏施術日記(アドレス登録が必要です)
■性風俗従事者向けメルマガ発行(現在休刊中)

本気でおでんを作ってみました。

つぶやき
01 /03 2021
昨年の12月の初旬ごろに急に寒くなった時期があって、その時に無性におでんと熱燗が欲しくなり、ちょっと本気でおでんを作ってみようと思いました。

youtubeで具材の下ごしらえのやり方を勉強し、一つ一つできるだけ丁寧に準備をしたので、参考になれば幸いです。

まずは大根から。2センチ幅ぐらいの輪切りにしてから結構厚めに包丁で皮をむき、煮崩れがしにくいように角を落としました。あと裏面になる場所に深さ1センチほどの切込みを十字にいれ、米のとぎ汁で下茹でしました。
DSC_1305.jpg

鶏肉はいいだしが出るので入れました。今回は手羽先です。
DSC_1319.jpg

少量の塩を入れたお湯にさっと入れて臭みなどをとります。
DSC_1321.jpg

こんにゃくも斜めに切れ目を入れてます。
DSC_1323.jpg

沸騰したお湯に入れて1・2分茹でてから、そのままお湯を切って放置。
DSC_1334.jpg

じゃがいもは、いんかのめざめを使いました。水で洗ってから10分以上漬けてあく抜きをしました。
DSC_1339.jpg

入れる予定はなかったのですが、珍しく山の芋が売られていたので、購入。
DSC_1317.jpg

下ごしらえの仕方がわからなかったので、塩を振りかけて何度かもみもみし、ぬめりが出たら一旦水洗いしてそれを2度ほどくりかえしました。
DSC_1338.jpg

はんぺんは切っていれるだけです。(最後のほうに具材を並べたんですが、その時に入れ忘れてます)
DSC_1351.jpg

練り物や厚揚げなどは、熱湯をかけて油抜きをしています。
DSC_1336.jpg

おでんの具材で玉子と1・2を争うぐらい好きな牛すじです。いったん買ってきた牛すじを水洗いしてから下茹でしてます。下茹で後、さらに水洗いして、一口大にカットし、長ネギとショウガと一緒に水から茹でていきました。
DSC_1304.jpg

柔らかくなるまで結構な時間煮たように思います。(1時間か1時間半ぐらいだったかな~)
DSC_1310.jpg

具材を全部取り出し、煮汁を煮詰めて牛すじのだしを作りました。
DSC_1314.jpg

ネギとショウガを取り除き常温になるまで放置です。
DSC_1311.jpg

500グラムの牛すじだったのですが、7本の串になりました。
DSC_1348.jpg

この日のためにアマゾンで購入したおでん鍋です。
DSC_1347.jpg

牛すじのだしを入れました。
DSC_1352.jpg

ベースの出汁は、紀文のおでん汁の素を利用。味見をしたところ薄かったので、塩やめんつゆなどで味を調整。
DSC_1329.jpg

今回のおでんの具材は、全部で15種類です。(写真には無いですが、はんぺんを入れて)
DSC_1343.jpg

仕切りがあるとおでんらしく見えますね。
DSC_1356.jpg

熱燗をいただこうと思ってたのですが、おいしい冷酒を見つけたのでそちらでいただきました!

この鍋の他にもうひとつ同じぐらいの鍋に満タンあって、結局全部を食べつくすまで6日もかかりました~~~。
ひとりでおでんをするときは、具材の選別と量を気にしないといけないなと勉強になりました。



友達に追加していただくと、友達限定イベントに関する告知を送らせていただきます。ぜひ、ご登録を!


■施術料金・ご予約はこちらからお願いします

営業時間:24時間(年中無休)
※遅い時間でも可能ですので、お気軽にご相談ください。

■サロゲートパートナー(代理恋人)
■カウンセリングを希望される方
■性感マッサージを希望される方
■性感マッサージ師になったきっかけ
■性感マッサージ師になるための方法
■裏施術日記(アドレス登録が必要です)
■性風俗従事者向けメルマガ発行(現在休刊中)

新年あけましておめでとうございます。

旅日記
01 /02 2021
長らくブログも更新せず、ご心配をおかけして誠に申し訳ございません。
特に体調を崩したとか、コロナの影響が原因だということもなく、単に僕の怠惰な性格のせいでこの有り様になってしまったというのが、真実かと思います。

去年からいろいろと環境が変わり、今年もまた変化の年になると思うのですが、また基本に戻りこの性感マッサージ関連のコンテンツを充実させていこうと思ってます。

ブログも最低2日に1度は更新していきますので、よろしくお願いします。

まずは昨年の12月初旬に博多に出張させていただいた旅日記を投稿させていただきます。今回の九州出張はコロナ禍の影響もあり、二人のリピーターさんとお会いするだけに終わりましたが、こんな状況の中で会っていただいたことに感謝したいと思います。

また、会えなくて残念だという気持ちをメールで送っていただいた方々にも感謝の気持ちでいっぱいです。今年の12月にまた元気にお会いできることを楽しみにしています。

それでは、旅日記のスタートです!

12月3日午前9時半、新大阪駅に到着。
DSC_1086.jpg

御堂筋線の改札を出るといつものなにわ食堂という食堂街が目の前に。
もうこれまで何度も通り過ぎているのですが、まだ一度もお店に行ったことがありません。
理由は、いつもギリギリの時間に新大阪駅に来るからで、いつか余裕を持って来てみようと思います。
DSC_1085.jpg

前回、見かけなかったものが目の前に登場。
DSC_1088.jpg

どうやらこの箱の中で仕事が出来るみたいです。新幹線の中とかでもノートパソコンで仕事をしている人とかいるんですが、そんなに時間に追われるぐらいに仕事をしなくて行けない状況って幸せ?っていつも思ってしまいます。
DSC_1089.jpg

こちらはデカい荷物を持っている人は、あらかじめ予約してくださいね~っていう告知のためのディスプレイのようです。
DSC_1090.jpg

10時6分発のさくらで、博多を目指します!
DSC_1092.jpg

こちらがさくらちゃん。光と影のコントラストを意識して撮影してみました。(嘘です)
DSC_1094.jpg

普段なら駅弁とビールと日本酒なのですが、今回は到着後すぐに予約が入ってたのでおとなしくコーヒーとサンドイッチでまとめてみました。
DSC_1098.jpg

あっという間に博多駅。宿泊先のホテルは博多口側なのでそちらを目指します。今回は、そのホテルに2泊と大分で1泊、博多駅の筑紫口側のホテルで1泊します。
DSC_1101.jpg

博多駅はいつみても立派でございます。
DSC_1106.jpg

博多事務所の開設完了。
DSC_1113.jpg

施術も終わり、ご飯も食べてきたので僕には珍しくおつまみは、クリームチーズオンリーです。
DSC_1109.jpg

翌朝。
コロナの影響で、朝食をビュッフェ形式で提供しているホテルが少ないのですが、今回のホテルは使い捨ての手袋を使用することで対応していました。
DSC_1114.jpg

とくに見せ場もない朝ごはんです。おかわりはしたかな~~。
DSC_1115.jpg

ごちそうさまでした!
DSC_1119.jpg

夜は、お寿司が食べたくなったので、ネットで調べてコスパの良さそうな店を探し、ホテルから歩いて行ける場所にあるお寿司屋さんに行きました。
DSC_1120.jpg

3種の日本酒の飲み比べセットというのがあったので、注文。日本酒にもっと造詣があれば楽しめたのかも知れませんが、僕にはあまり3種の違いがよくわかりませんでした。
DSC_1122.jpg

ただ料理は、どれも美味しかったです。こちらはマグロの三種盛り的に注文したにぎりです。
DSC_1126.jpg

スラムダンクのお酒がありました。もしかしたらこれが一番おいしかったかも。
DSC_1124.jpg

日本酒を飲むとどこかで線が切れてしまうのか、満腹なのに前からずっと気になっていたラーメン屋と遭遇したために入店。
DSC_1129---コピー

泡系ラーメンのようです。〇〇系っていつからなんでしょうね。
DSC_1128.jpg

食券機で、ビールと餃子とライスとラーメンを購入。食券が2枚しかないので、たぶんそんなセットがあったのかも。
DSC_1131.jpg

この店で一番気になったというか感心したのは、店員さんの対応や挨拶でした。味がそこそこでも対応が気持ちよかったら、また来たいなと思ってしまうかも知れません。そういった配慮が形になったのが、このヘアゴムかも。
DSC_1135.jpg

替え玉有りの店にあまり行ったことが無いせいで、僕は替え玉の経験が無いのですが、ちょっと気になるたれを発見。
DSC_1138.jpg

とりあえずビール。すでに日本酒で結構ヘロヘロなのですが、酔い覚まし的な感じでぐびっといただきました。
DSC_1136.jpg

すしをたらふく食べた後にこのボリューム。自分でもまだまだ若いな~って思います。
DSC_1144.jpg

チャーシューがいい感じですね。
DSC_1147.jpg

麺は、どんな感じだったかよく覚えてないんですが、博多の豚骨ラーメンで定番の麺っていう感じではなかったようなそうであったような。。。
DSC_1150.jpg

なかなかのボリューム!
DSC_1151.jpg

ごちそうさま~~。妊娠9ヶ月の妊婦さんの歩き方でホテルに戻りました。
DSC_1157.jpg

翌朝も絶好調で、初日に気になっていたカレーライスを前菜としていただきました。左にあるのがブラックカレーです。名古屋でいただいた東洋軒のブラックカレーとほぼ同じ味でした。(東洋軒のブラックカレーの記事はこちら
DSC_1159.jpg

ごちそうさまでした!
DSC_1161.jpg

朝食後、チェックアウトし、大分へ。
大分の写真はゴリラだけです。すみません。。。
DSC_1167.jpg

翌日、博多に戻り第二博多事務所の開設。
DSC_1174.jpg

今回の九州出張で、大阪人もGOTOが使えるのかなと心配だったのですが、ちゃんと利用出来て地域共通クーポンも発行していただきました。
DSC_1176.jpg

さっそくおみやげに使わせていただきました。
DSC_1178.jpg

博多駅前は、例年通りイルミネーションが綺麗でした。
DSC_1179.jpg

DSC_1181.jpg

DSC_1183.jpg

DSC_1190.jpg

翌朝は、12時から上野で施術予約があったので、日の出前に新幹線に乗り、東京を目指します。
DSC_1199.jpg

ビュッフェを利用したかったのですが、営業時間前だったので、車内販売のおにぎり弁当を購入。
DSC_1195.jpg

シンプル~~~。
DSC_1198.jpg

おにぎりを頬張っていると太陽が頭を出していました。
DSC_1204---コピー

上野での施術が終わり、帰りの新幹線です。
九州で食べすぎたせいなのか、お腹がパンパンで、駅弁の代わりにコーンスープを購入。
来年はもう少し食生活に気をつけないといけないかも~っと思いつつ、九州出張とおまけの日帰り東京出張が終了しました。
DSC_1205.jpg

いろんなことがあった1年間でしたが、なんとか予定通り全国出張ができ、無事に年を越せたことをありがたく思います。

これまでもこれからもずっと応援してくださっている方々に本当に感謝したいと思います。
ありがとうございました。

初心に戻り、また新しい前田貴久を見ていただけるように頑張りたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

おまけ
初日夜の独り言を動画にしました。

前田貴久

生年月日 : 1963年9月6日
職業 : 性感マッサージ師
住所 : 大阪府大阪市中央区
自己紹介 :
はじめまして、前田貴久ともうします。

私は、性感マッサージのスペシャリストとしてセックスレスによる欲求不満や仕事のストレスでお悩みの女性を心身ともに癒しております。

施術は、ローションやオイルなどを一切使用せず、自然に分泌される愛液と口技による唾液を併用しながら、柔らかい指先と舌技により、独特の刺激を与えます。

流れとしては最初マッサージによって手先から肩や腰・背中、ふくらはぎ、足の裏など全身を重点的にもみほぐした後、ゆっくりとしたソフトタッチを髪の毛から始まり全身に施し、敏感になってきたところで口技と手技を併用し、絶頂を迎えていただきます。

女性としての悦びを存分に味わっていただければ幸いです。

興味を持たれた方は、お気軽にご連絡ください。