FC2ブログ

本気でおでんを作ってみました。

つぶやき
01 /03 2021
昨年の12月の初旬ごろに急に寒くなった時期があって、その時に無性におでんと熱燗が欲しくなり、ちょっと本気でおでんを作ってみようと思いました。

youtubeで具材の下ごしらえのやり方を勉強し、一つ一つできるだけ丁寧に準備をしたので、参考になれば幸いです。

まずは大根から。2センチ幅ぐらいの輪切りにしてから結構厚めに包丁で皮をむき、煮崩れがしにくいように角を落としました。あと裏面になる場所に深さ1センチほどの切込みを十字にいれ、米のとぎ汁で下茹でしました。
DSC_1305.jpg

鶏肉はいいだしが出るので入れました。今回は手羽先です。
DSC_1319.jpg

少量の塩を入れたお湯にさっと入れて臭みなどをとります。
DSC_1321.jpg

こんにゃくも斜めに切れ目を入れてます。
DSC_1323.jpg

沸騰したお湯に入れて1・2分茹でてから、そのままお湯を切って放置。
DSC_1334.jpg

じゃがいもは、いんかのめざめを使いました。水で洗ってから10分以上漬けてあく抜きをしました。
DSC_1339.jpg

入れる予定はなかったのですが、珍しく山の芋が売られていたので、購入。
DSC_1317.jpg

下ごしらえの仕方がわからなかったので、塩を振りかけて何度かもみもみし、ぬめりが出たら一旦水洗いしてそれを2度ほどくりかえしました。
DSC_1338.jpg

はんぺんは切っていれるだけです。(最後のほうに具材を並べたんですが、その時に入れ忘れてます)
DSC_1351.jpg

練り物や厚揚げなどは、熱湯をかけて油抜きをしています。
DSC_1336.jpg

おでんの具材で玉子と1・2を争うぐらい好きな牛すじです。いったん買ってきた牛すじを水洗いしてから下茹でしてます。下茹で後、さらに水洗いして、一口大にカットし、長ネギとショウガと一緒に水から茹でていきました。
DSC_1304.jpg

柔らかくなるまで結構な時間煮たように思います。(1時間か1時間半ぐらいだったかな~)
DSC_1310.jpg

具材を全部取り出し、煮汁を煮詰めて牛すじのだしを作りました。
DSC_1314.jpg

ネギとショウガを取り除き常温になるまで放置です。
DSC_1311.jpg

500グラムの牛すじだったのですが、7本の串になりました。
DSC_1348.jpg

この日のためにアマゾンで購入したおでん鍋です。
DSC_1347.jpg

牛すじのだしを入れました。
DSC_1352.jpg

ベースの出汁は、紀文のおでん汁の素を利用。味見をしたところ薄かったので、塩やめんつゆなどで味を調整。
DSC_1329.jpg

今回のおでんの具材は、全部で15種類です。(写真には無いですが、はんぺんを入れて)
DSC_1343.jpg

仕切りがあるとおでんらしく見えますね。
DSC_1356.jpg

熱燗をいただこうと思ってたのですが、おいしい冷酒を見つけたのでそちらでいただきました!

この鍋の他にもうひとつ同じぐらいの鍋に満タンあって、結局全部を食べつくすまで6日もかかりました~~~。
ひとりでおでんをするときは、具材の選別と量を気にしないといけないなと勉強になりました。



友達に追加していただくと、友達限定イベントに関する告知を送らせていただきます。ぜひ、ご登録を!


■施術料金・ご予約はこちらからお願いします

営業時間:24時間(年中無休)
※遅い時間でも可能ですので、お気軽にご相談ください。

■サロゲートパートナー(代理恋人)
■カウンセリングを希望される方
■性感マッサージを希望される方
■性感マッサージ師になったきっかけ
■性感マッサージ師になるための方法
■裏施術日記(アドレス登録が必要です)
■性風俗従事者向けメルマガ発行(現在休刊中)
スポンサーサイト
[PR]

前田貴久

生年月日 : 1963年9月6日
職業 : 性感マッサージ師
住所 : 大阪府大阪市中央区
自己紹介 :
はじめまして、前田貴久ともうします。

私は、性感マッサージのスペシャリストとしてセックスレスによる欲求不満や仕事のストレスでお悩みの女性を心身ともに癒しております。

施術は、ローションやオイルなどを一切使用せず、自然に分泌される愛液と口技による唾液を併用しながら、柔らかい指先と舌技により、独特の刺激を与えます。

流れとしては最初マッサージによって手先から肩や腰・背中、ふくらはぎ、足の裏など全身を重点的にもみほぐした後、ゆっくりとしたソフトタッチを髪の毛から始まり全身に施し、敏感になってきたところで口技と手技を併用し、絶頂を迎えていただきます。

女性としての悦びを存分に味わっていただければ幸いです。

興味を持たれた方は、お気軽にご連絡ください。