FC2ブログ

薄まる世界

つぶやき
01 /08 2021
数日前に投稿した記事「【映画】えんとつ町のプペルを観て」で、酷評しました。

その原因を考えてみた時に思いついたのが、制作陣や原作・総指揮である西野さんのせいではなく今の時代そのものが影響しているのではないかということでした。

尖ったものやこってりしたものなどあとあと物議を醸しだしそうなものをなるべく避けて、結果的になるべく100に近い満足度を目指すことで、無難で予定調和なものが完成するのだと思います。

もう60年近くも生きている僕のような人間にとって、心に何もささらないものに触れる時間が惜しいからという訳でも無いですが、9年近くもテレビがない生活を続けていて制約がどんどん増えている中で制作する人たちが可哀そうにさえ思うのです。

常に平均以上のクオリティを求められ、マイナスポイントを極力避けることが、現代社会にとって必要であり必須条件になっています。

そんな社会にとって僕のやっている性感マッサージなどというものは、はっきり言って論外であり到底受け入れられないものであるのは言うまでもないですが、そういった世界に共感したり救われる人もあるということを知って欲しいとも思います。

女性向けの性感マッサージという職業が尖っているのかこってりしたものであるのはわかりませんが、まだまだ世間に認知されていない状況だからこそ、変な制約がそれほど無いという利点もあるような気がします。

世の中をより深く見渡せば、そういった世界はまだまだあるのかも知れませんね。

最後にこってりした時代ならではの動画を見つけたので、ご紹介しようと思います。




友達に追加していただくと、友達限定イベントに関する告知を送らせていただきます。ぜひ、ご登録を!


■施術料金・ご予約はこちらからお願いします

営業時間:24時間(年中無休)
※遅い時間でも可能ですので、お気軽にご相談ください。

■サロゲートパートナー(代理恋人)
■カウンセリングを希望される方
■性感マッサージを希望される方
■性感マッサージ師になったきっかけ
■性感マッサージ師になるための方法
■裏施術日記(アドレス登録が必要です)
■性風俗従事者向けメルマガ発行(現在休刊中)
スポンサーサイト
[PR]

前田貴久

生年月日 : 1963年9月6日
職業 : 性感マッサージ師
住所 : 大阪府大阪市中央区
自己紹介 :
はじめまして、前田貴久ともうします。

私は、性感マッサージのスペシャリストとしてセックスレスによる欲求不満や仕事のストレスでお悩みの女性を心身ともに癒しております。

施術は、ローションやオイルなどを一切使用せず、自然に分泌される愛液と口技による唾液を併用しながら、柔らかい指先と舌技により、独特の刺激を与えます。

流れとしては最初マッサージによって手先から肩や腰・背中、ふくらはぎ、足の裏など全身を重点的にもみほぐした後、ゆっくりとしたソフトタッチを髪の毛から始まり全身に施し、敏感になってきたところで口技と手技を併用し、絶頂を迎えていただきます。

女性としての悦びを存分に味わっていただければ幸いです。

興味を持たれた方は、お気軽にご連絡ください。