FC2ブログ

どうでもよくなった人生

お客様の声
09 /02 2016


何もかもがどうでもよくなってしまっているというメールをいただきました。

どうでもよくなったのというのは、具体的にどんな状況なのか。

僕はとても興味を持ちながらお会いしました。

彼女は40代で、10数年前に離婚し、その間男性と付き合うことはなかったそうですが、ずっと片思いを続けている状況だったようです。

現在は飲食店で働く年下の男性と話すことが楽しいと仰っていて、それには恋愛感情はなく、ただ会話をすることに悦びを感じているとのことでしたが、それに対してもどうでもよくなってしまって、ちゃんと向き合えないということが悩みだと話してくれました。

施術を受ける前はとても不安そうで、何も変化がなくてもそれはそれでしっかりと受け止める覚悟はあるとのことでしたが、行動を起こした時点ですでに変化は始まっていると思いますよと言いました。

後日、いただいたメールには、感謝の言葉が書かれていて、体の前面(全面ではなく)が開いたみたいだという表現がありました。

施術後に体が軽くなったという感想をいただくことが多いのですが、ずっと閉じていた心の扉が開いたのかなと感じました。

片思いではなく、本当の恋愛が始まる日も近いと感じる内容のメールでした。


営業時間:午前6時00分~午後11時00分 (年中無休)
※営業時間外の予約はご相談ください。
>>料金・ご予約・お問い合わせはこちら

↓本日のランキング↓
 
前田貴久のブログ
性感マッサージ師になるためのレポート
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

前田貴久

生年月日 : 1963年9月6日
職業 : 性感マッサージ師
住所 : 大阪府大阪市中央区
自己紹介 :
はじめまして、前田貴久ともうします。

私は、性感マッサージのスペシャリストとしてセックスレスによる欲求不満や仕事のストレスでお悩みの女性を心身ともに癒しております。

施術は、ローションやオイルなどを一切使用せず、自然に分泌される愛液と口技による唾液を併用しながら、柔らかい指先と舌技により、独特の刺激を与えます。

流れとしては最初マッサージによって手先から肩や腰・背中、ふくらはぎ、足の裏など全身を重点的にもみほぐした後、ゆっくりとしたソフトタッチを髪の毛から始まり全身に施し、敏感になってきたところで口技と手技を併用し、絶頂を迎えていただきます。

女性としての悦びを存分に味わっていただければ幸いです。

興味を持たれた方は、お気軽にご連絡ください。