FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感じることを知らない女性は多い

お客様の声
08 /04 2018


40代後半の既婚女性が、今回の依頼者です。

子供はなく、二人ともフルで働かれているとのことでした。

最初にお会いしたときに、あまり生活感を感じなかったので、独身だと思っていたのですが、現在の状況をお聞きして納得しました。

たぶんお二人の仲は悪くないけれど、スキンシップがほとんど無いのかなとも想像していたのですが、セックスレスになってから10数年経つそうです。

今回、依頼された動機は、性欲を満たしたいとか、夫との関係を改善したいといったようなことではなく、友人が性感マッサージを利用したという話を聞き、好奇心から予約をしてくださったようです。

彼女は、不感症だと思うと言い切っておられました。

結婚するまでの男性との経験談をお聞きしたところ、そういったことをしようとする前に気持ちが冷めてしまっていたという男性とあまり時間をかけずにいきなり挿入して、すぐ果ててしまって痛いだけのセックスをする男性と付き合っていたということでした。

その二人との体験から、不感症であるかどうかなど判るはずが無いのですが、彼女の中では気持ちよくない=不感症という図式が出来上がっていたのかも知れません。

僕の経験上、不感症かもしれないといって来られた女性のほぼ100%が不感症ではなかったので、彼女もたぶん不感症ではないと思いますよと話しました。

経験不足と未熟なセックスしかできない男性との経験から不感症だと思っている女性がとても多いことも、この仕事をやりだして判ったことです。

施術が始まってすぐに彼女が不感症ではないということが判りました。

どちらかというと感じやすい体質だったかも知れません。

性欲やセックスに対する関心はあまりなさそうでしたが、施術をきっかけに新たな人生がスタートするのも悪くないと思います。

性別に限らず、セックスをしたり恋をしてときめいたりすることは、生きるためにとても有益なことであるのは間違いありません。

40代後半の年齢は、まだまだ若いですし、女性としての悦びを味わうには最適な年齢です。

今後も今以上に充実した人生を歩んでいただきたいと思います。

九月に名古屋と東京に出張します。詳細はこちらをご覧ください。

営業時間:24時間 (年中無休)
※遅い時間でも可能ですので、お気軽にご相談ください。
>>料金・ご予約・お問い合わせはこちら
↓本日のランキング↓
 
■前田貴久のブログ
■性感マッサージ師になるためのレポート
■お茶会・懇親会常時受付中!
■カウンセリングについて
■裏施術日記
■小説タクティリス
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント

前田貴久

生年月日 : 1963年9月6日
職業 : 性感マッサージ師
住所 : 大阪府大阪市中央区
自己紹介 :
はじめまして、前田貴久ともうします。

私は、性感マッサージのスペシャリストとしてセックスレスによる欲求不満や仕事のストレスでお悩みの女性を心身ともに癒しております。

施術は、ローションやオイルなどを一切使用せず、自然に分泌される愛液と口技による唾液を併用しながら、柔らかい指先と舌技により、独特の刺激を与えます。

流れとしては最初マッサージによって手先から肩や腰・背中、ふくらはぎ、足の裏など全身を重点的にもみほぐした後、ゆっくりとしたソフトタッチを髪の毛から始まり全身に施し、敏感になってきたところで口技と手技を併用し、絶頂を迎えていただきます。

女性としての悦びを存分に味わっていただければ幸いです。

興味を持たれた方は、お気軽にご連絡ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。