FC2ブログ

東京でカレーをいただきました~

旅日記
06 /21 2020
久しぶりに遠方からの出張依頼です。

今回は、東京。
午後2時に上野駅で待ち合わせということで、午前10時半ぐらいの新幹線に乗ります。

ホームに入ってきたのをパチリ!
僕にとっては、奇跡のショットです。
DSC_0107.jpg

今回の旅のお供は、2月の東京出張の際に購入した本とサンドウィッチとコーヒーです。初対面のかたなので、酔っぱらって会うわけにはいかないので、ノンアルコールにしました。
DSC_0109.jpg

あっという間に東京到着。
DSC_0116.jpg

山手線で上野を目指します。
DSC_0114.jpg

上野駅の柱というのか、橋脚というのかよくわかりませんが、とにかく低くて面白いので撮影しました。
DSC_0119.jpg

待ち合わせ場所の公園改札です。2月に来たときは、たしか公園口前改札だったような気がするのですが、場所も変わって新しくなったので、名称も変わったのかも知れません。上野公園の真ん前です。
DSC_0122.jpg

施術が終わって、駅まで送ってからカレーをとにかく食べたいという衝動にかられました。
衝動というよりは、マイブームとなっていて、少し前から機会があればカレーばかり食べてます。

youtubeで宮迫さんが、神保町でカレーの店をはしごしている動画をアップされていて、今度東京に行ったときに絶対行ってやろうと思ってました。

が、上野から神保町までの移動時間も結構あったために、今回は上野でカレー屋さんを探すことにしました。

公園の地図にカレー屋さんは載ってないですけどね。
DSC_0129.jpg

不忍池の蓮を見て、気分を落ち着かせます。
DSC_0125.jpg

いい感じに日が暮れていってます。カレー日和です!
DSC_0123.jpg

アメ横がすぐなので、そちらで探索。
DSC_0135.jpg

上中という地名(?)があるみたいですね。
DSC_0132.jpg

看板とのれんにそそられる~~~!完全なカレーの口でしたが、少し揺らぎました~。
DSC_0130.jpg

もんじゃもいいもんじゃ!
DSC_0136.jpg

たしか新鮮な海産物の店のだったような。
DSC_0137.jpg

大阪バリの看板に親近感を覚えました。
DSC_0138.jpg

と、そこへカレーショップが登場!と偶然の出会いって言いたいところですが、グーグルマップで調べたら徒歩1分ぐらいのところにありました。

クラウンエースさん。
DSC_0139.jpg

なんかかなり昭和感満載のいい感じのカレー屋さんで、とても期待できます。
DSC_0141.jpg

しっとりと落ち着いて食べれるのかなと思ったら、食券を販売機で買っての立ち食いみたいです。椅子もあったので、僕は椅子をチョイス。
DSC_0143.jpg

カツカレーで500円って!!追加のかつも100円って。。。
DSC_0147.jpg

アルバイトらしきお兄さんが3人もいて、商売がなりたってるんだろうかなと心配になりました。

「薬味」という壁に貼られた紙のしたには、大きな銀のカンカンが二つ置いてありました。左の「福」は福神漬けとすぐわかったのですが、右の「ラ」がよくわからなかったのですが、開けるとらっきょうがありました。せめて平仮名にしてもらってたらピンときたかも知れません。
DSC_0148.jpg

食券を出して窓口で待ってると1分も経たずに注文の品が登場。次から次とお客さんがくるので、結構撮影するのも大変です。

で!
ザ・カツカレー。
DSC_0150.jpg

ルーは、少し黒くて、味はまろやかな感じの中にピリッとした後味が追いかけてくる感じです。とんかつがかなり薄くて、少し硬めでした。100円という金額からしたら、頑張ってるじゃんって東京弁になります。
DSC_0153.jpg

ぎゅうぎゅう詰めにならないので、結構いいかも。
カレーを食べながらスマホで帰りの新幹線の予約をとってみました。
DSC_0155.jpg

出発までに20分以上あったので、帰りのおつまみ的なものでも買おうかなと余裕をかましてます。
DSC_0157.jpg

パン屋さんで瀬戸田レモンというものを使ったマドレーヌとレモン型のケーキのようなものを購入。普段の生活では500%買わないようなスイーツを何故か買ってしまいました。
DSC_0158.jpg

で、券売機で購入した切符を発券しようと思ったのですが、僕が利用してるスマートEXとかかれた発券機が見当たらず、インフォメーションの駅員さんに聞くと品川駅か東京駅じゃないとありませんとのこと。

???
僕は、その駅員さんが何を言っているのか一瞬理解できずにいたのですが、よくよく考えてみるとまだ上野にいるわけで、新幹線の切符をもらえる場所ではないことが判明。

もうその時点で、結構なパニックになってたのですが、とりあえず慌てて予約を取り消し、1時間後ぐらいの新幹線を予約し直しました。

上野から東京までは、電車に乗ったら10分ほどで着く距離だったので、今度は東京駅で大幅な時間ロスがあり、スマートEXを取り扱っている窓口の人に2回もキャンセルできるかどうかを聞いたところ、できるどころか、僕の持っているICOKAと連動すれば発券しなくても改札を通れるということを教えてもらいました。

今更そんなことも知らんのかい!と言われそうですが、僕にとっては画期的な発見で、便利な世の中になったものだな~と感心したのでした。
DSC_0163.jpg

帰りは、定番のワインを購入。フルボトルは売ってなかったので、ハーフボトルにさせていただきました。
DSC_0165.jpg

東京限定のじゃがいものお菓子。銀座ビフテキ味だそうです。
DSC_0170.jpg

開けると3分の1ほどしか入ってませんでした。ポテトチップスもそうですが、なんであんなに空間が多いんでしょうね。割れないためにという説も聞いたことがありますが、このじゃがりこ的なものは、もうすでにぼきぼきに折れてます。
DSC_0174.jpg

しょうがないので、ワインはどくどくと注ぎました~~。
DSC_0171.jpg

甘酸っぱいレモンのトッピングは、ちょうどハートのような形です。

皆さんに愛がいっぱい届きますように!
DSC_0176.jpg

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

前田貴久

生年月日 : 1963年9月6日
職業 : 性感マッサージ師
住所 : 大阪府大阪市中央区
自己紹介 :
はじめまして、前田貴久ともうします。

私は、性感マッサージのスペシャリストとしてセックスレスによる欲求不満や仕事のストレスでお悩みの女性を心身ともに癒しております。

施術は、ローションやオイルなどを一切使用せず、自然に分泌される愛液と口技による唾液を併用しながら、柔らかい指先と舌技により、独特の刺激を与えます。

流れとしては最初マッサージによって手先から肩や腰・背中、ふくらはぎ、足の裏など全身を重点的にもみほぐした後、ゆっくりとしたソフトタッチを髪の毛から始まり全身に施し、敏感になってきたところで口技と手技を併用し、絶頂を迎えていただきます。

女性としての悦びを存分に味わっていただければ幸いです。

興味を持たれた方は、お気軽にご連絡ください。