FC2ブログ

性感マッサージ

はじめての方へ
02 /05 2011
はじめまして。前田貴久と申します。

ご訪問いただき本当にありがとうございます。

自己紹介を兼ねまして僕が性感マッサージ師になったきっかけをお話させてください。


僕がこの世界に入ったきっかけはある女性との出会いです。

その方が52歳の時でした。

よくある出会い系サイトがきっかけです。

当時の僕は単純に家庭や仕事の不満を他の女性との出会いで解消できないものかと考えていました。今から思うと完全なひとりよがりでした。

当然、出会ったところで自分の欲求を解消したいということが前提であるため相手の女性については2の次になります。アダルトビデオや少ない女性との経験と知識しかなくても自分は女性を悦ばせることがうまいと変な自信を持っていました。

女性に悦んでもらうのは、決してテクニックではないと気付いたのは最近のことです。

彼女とは単純にランチだけのつもりだったのですが、年齢を聞いて想像していたよりも全然若くて仕事も立派にこなされている姿に初めて逢った瞬間にその魅力に引き込まれ、食事だけで別れたくないという感情が湧きました。

清楚で上品だった外見からは想像も出来ない話を聞かされたことも原因だったと思います。

その話とは

「女性専門の性感マッサージを何度かしたことがある」

というものでした。

こんな人が利用されるんだという驚きで頭が一瞬真っ白になり、そのあとの会話も頭に入らなくて昼間だというのにどんどんと気持ちが高ぶってきたように思います。

我慢できなくなって最後のデザートが出たところで思い切ってホテルに誘いました。

彼女は躊躇することもなくにっこりと快諾してくれました。

ホテルに入ってからはさっきまでの清楚なイメージとは対照的に初めて会ったとは思えないほど積極的なキスから始まり、時間をおしむかのようにお互いの服を脱いだような気がします。

時間が経ち、なんとなく落ち着いたころ彼女のほうから「アダム徳永」という人を知っているかと尋ねられました。当時聞いたこともなかった僕にアダム徳永さんの考え方やテクニックなどを教えてくれたのです。

彼女の魅力は、アダムさんの考えを自分に取り入れそして自分やパートナーたちとのセックスに生かすことで女性としての魅力を保つどころかますます高めていることにあります。また彼女は閉経後、更年期障害となったのですが、女性ホルモンを投与しながら仕事を頑張り、相性のいいパートナーを見つけられました。

僕が性感マッサージをしているのは、きっかけはどうであれ人間として、女性として充実した人生を過ごしていただきたいという思いからです。

性感マッサージを始めた頃は、アダムさんの本やDVDなどを研究しそれを見よう見まねでやっていたわけなんですが、それはあくまでも表面上の気持ちよさであっていつも女性に対して満足を与え切れていないのではないかという心残りのようなものを抱えていました。

全ての女性が満足していただけるとは思いませんが、ほとんどの女性は性的な快楽を求めているのではなくその根底にある悩みや不満などを解消する延長線上にあるということを前提に施術させていただくことで、これまでとは違った満足感を提供できるようになったような気がします。

まだまだ発展途上であることは間違いないですが、現時点での最高のパフォーマンスを提供していくことでいろんなことを学びそれをサービスに還元できると思います。

夫婦間の問題は想像以上に複雑で正解はないと思います。

ただあなた自身の人生はこれからも続くわけですからもし不満に思っていることがあるのであればまず行動から変えていかれることをおすすめします。

なにかをすることで新しいなにかが必ずあなたの目の前に現れてきますから。

>>勇気を持って変化することを選択されたたくさんの女性の声をご覧ください。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

前田貴久

生年月日 : 1963年9月6日
職業 : 性感マッサージ師
住所 : 大阪府大阪市中央区
自己紹介 :
はじめまして、前田貴久ともうします。

私は、性感マッサージのスペシャリストとしてセックスレスによる欲求不満や仕事のストレスでお悩みの女性を心身ともに癒しております。

施術は、ローションやオイルなどを一切使用せず、自然に分泌される愛液と口技による唾液を併用しながら、柔らかい指先と舌技により、独特の刺激を与えます。

流れとしては最初マッサージによって手先から肩や腰・背中、ふくらはぎ、足の裏など全身を重点的にもみほぐした後、ゆっくりとしたソフトタッチを髪の毛から始まり全身に施し、敏感になってきたところで口技と手技を併用し、絶頂を迎えていただきます。

女性としての悦びを存分に味わっていただければ幸いです。

興味を持たれた方は、お気軽にご連絡ください。