FC2ブログ
女性専用性感マッサージ 前田貴久の性感施術室へようこそ
大阪の女性向け性感マッサージ師、前田貴久のブログ。
全国出張
1月は東京へ出張いたします。詳細はこちら

ドラマのような出会いがもたらしたもの
今日の日記は小説風に書きます。

主人公は僕ではなく依頼されたH子さんです。H子さんは現在40代半ばでかなり年下のご主人がいます。彼のことをとても愛しているのですが、単身赴任で年に数回しか会うことが出来ない状況です。

今回依頼された理由は、そういった状況とは別にドラマのような彼女の過去にありました。

小説風に書くためにH子さんをナツミという名前にさせていただいています。

ナツミは日本画を鑑賞するのが好きだった。

休日は、美術館めぐりをすることが、入社したばかりの会社の業務のストレスを解消する手段のひとつだ。

大きな美術館の時間が止まったような空気の中を歩くのも好きだが、こじんまりとした美術館で、人の温度を感じながら絵に向かう緊張感が、ナツミにとっては心地いい。

美術館を出たところで、一人の紳士から声をかけられた。

「時間があるようでしたら、お茶でもいかがですか」

ナツミの視線の先には、同じ絵を見ていた紳士の姿があった。ナツミとは30歳以上も離れているだろうと思われたが、品があって整った顔立ちが印象的で、気になっていた男性だ。

出張で東京から京都に来ていて、仕事が早く片付いたので、美術館に来たらしい。

時間に余裕があるため一緒に過ごしてくれないかということだった。断る理由を探すことよりも彼の誘いにうれしさを感じ、エスコートされるまま、その日のうちに肉体関係にまで発展した。

その時から、O氏とナツミの主従関係が出来ていたのかもしれない。

ナツミは処女ではなかったが、O氏との関係は大学を出たばかりの娘にとってはあまりにも衝撃的なことばかりだった。

O氏は、ナツミとセックスをしない。女性をもて遊ぶことで自らの脳を刺激し、満足するようだ。初めて体を合わせたときも一番感じる場所への愛撫は後回しにし、じらすだけじらし、ナツミの肉体が反応していることを耳元でささやく。

「もう、こんなに濡れているよ」

「ナツミは、淫乱だね」

ナツミは、O氏との関係を繰り返すことで、マゾの資質を持つことを発見した。東京から月に1度会いにくるたびに違ったことをナツミにやらせる。

O氏とつながりの深そうな女性とともに来て、目の前で、レズプレイをさせられたこともあった。また、目隠しをされ手首も拘束されて、体中を愛撫されたあと、一番感じる部分をあと少し触れるだけで絶頂を向かえようとするタイミングでホテルを出ようと言われたこともあった。

ナツミは、気が狂いそうになりながら、続けて欲しいと懇願した。

ハードなSM以外のことは、ほとんど体験させられた。

そんな関係が、3年続いたのだが、別れは突然訪れた。

ナツミに恋人が出来たのだ。

もともと真面目な性格のナツミは、彼との関係を優先したいということでO氏に報告し、O氏もナツミの幸せを喜んで、別れることとなった。

O氏は、また、必ず、僕に電話をかけることになるよと、一言だけ残したが、ナツミは、O氏の電話番号を処分した。

O氏と別れてから、7年が過ぎた。ナツミは、勤務していた会社に新入社員として入ってきた男性と結婚した。

7歳年下の彼の教育係としてついたのがきっかけで、初めて会った瞬間に一目ぼれをしていた。

会社では立場上堅いイメージのナツミであったが、後輩の彼に対する思いがどんどんと募っていく自分の感情を抑えることができず、同僚たちに相談した。

恋愛などに関心が無いイメージを持つナツミからの相談だったということもあって、同僚たちはこぞってナツミと彼がうまくいくようにいろんなところでサポートしてくれた。そしてまもなく結婚することとなった。

それから10数年が経った今でも一目ぼれした当時と同じか、それ以上に、愛している。

夫は、顔立ちもいいし、背も高く、見るからに誠実そうだ。学生のころから真面目だったようで、女性は、ナツミしか知らない。

セックスの時も自分のやり方が正しいかどうかを聞いてくるぐらいで、そういったことも夫を愛おしく感じる要因となっている。

夫は、結婚後、さらにスキルアップを目指すために、新たな会社に就職した。単身赴任中で、ナツミも会社を辞めずに続けていたため、寂しさは、仕事でおぎなうという生活を続けている。子供はいない。

40代半ばを迎えるようになって、ふと自分の将来のことを考えてみると夫婦関係においてはなにも不満などないのだが、女性としての体についていろいろと考えるようになっていた。

特に20年前のO氏との関係で覚えた快楽を思い出す日が増えていた。

彼を裏切るような浮気などをすることなどまったく思わなかったが、一度体に浸み込んだ感覚を二度と味わうことなく死んでいくことに寂しさがこみ上げてきていた。

たまたま家に配られてきたデリヘルのチラシに女性マッサージ師による女性の為の性感マッサージを始めたという内容が記載されていた。

ナツミはO氏の電話番号のメモを捨ててたことを後悔していた。捨てていなければO氏の言ったとおりになっていたことだろう。他に選択肢が見つからなかったため、チラシにあった番号へ電話し、ホテルでマッサージを受けることとなった。

担当した女性は、ナツミよりも20歳は若く、男性しか相手にしたことがないと言っていた。慣れない手つきで簡単にマッサージをし、最後は自分で満足して欲しいということでおもちゃを手渡された。

自分の悩みをナツミに打ち明けるなどで時間がオーバーしてしまい、延長料金も追加で支払わないといけないという結果に終わった。

数ヶ月が過ぎ、もう一度女性用風俗を探してみることにした。いくつかのホームページを見ていて最終的に決めたのは、ブログなどもしていて体験者の声も書かれていた性感マッサージだった。

朝の8時半に予約のメールを入れるとすぐに返事が返ってきて、希望している時間で予約がとれた。待ち合わせ場所に現れたのはネクタイをして普通の営業マンといった感じの男性だった。

「ネクタイしてるんですね」

と、ナツミが言った。

「メールで服装などをお伝えしていませんでしたか?」

と、笑いながら答えが返ってきた。

いくぶん緊張していたのだが、物腰のやわらかそうな男性を見て少し安心した。

男性の名前はMという。

ホテルに入るとドリンクを選択し、届くまでの間にMは予約した目的をさりげなく聞いてきた。ナツミは現在の仕事内容や夫との関係などについて話した。

夫が淡白で、あまり満足出来ていないことを告げたが、O氏とのことを話す勇気がなかった。

Mが、他の依頼者のことや更年期に入ったあとの女性の大変さなどについて勉強している話などを聞くうちにだんだんと心を開くようになって、性感マッサージをする際に少しいじめるような要素を加えて欲しいことを告げた。

Mは、ナツミの性癖について真面目に受け答えし、せっかくだから楽しんでほしいと答えてくれた。その一言がきっかけで、O氏とのことを打ち明けることができた。

Mは、O氏のことを興味深く聞いていた。

Mの性感マッサージは、前半は通常のマッサージから始まり、後半から微妙な刺激を全身に施して性感度を徐々に高めたあと、敏感な箇所を集中的に刺激して絶頂へと導く。途中でナツミが要望していた通り、Mは耳元で言葉をささやいた。

「もうすごく濡れてますよ……」

実際ナツミの敏感な箇所から、愛液が、太ももまで流れでていた。

セックスをすると痛みを感じることがあって不安に思っていたのだが、指で奥まで激しく責めるということはなく、子宮全体を小刻みに揺らすような刺激を与えられ、久しぶりの絶頂感を体験した。

「少し休憩しましょう」

ナツミが体を休めている間に、Mは、お茶を入れていた。体が落ち着いたところでガウンを羽織って入れてくれたお茶を飲んだ。MはO氏のやり方についてさらに聞いてきた。

ナツミはとにかく緩急が激しいという印象が強いことを話した。

Mは、ナツミの手をとって半ば強引にベッドに寝かせた。ガウンを着たままのナツミのそばに来ると同時にいきなり前をはだけられ、敏感なところを直接刺激された。

ナツミは突然のことでどう対処したらいいのかわからなかったが、本来ある資質が呼び覚まされたのか、体はさっき終わったばかりとは思えないほど反応していた。

ソファでの会話の時にO氏が絶頂を向かえた後にやめて欲しいといってもしつこく続けてくることがさらによかったなどといった話をしていたのだが、Mもまた、O氏と同じように執拗に責めてきた。

ナツミは、絶頂のさらに向こうを体験することとなった。その瞬間、頭が真っ白になった。Mは、ナツミを後ろから包み込むように体を合わせて、優しく髪を撫でていた。

「すいません」

Mが、耳元でささやいた。

ナツミは、どうしてMが謝っているのか、理解できなかった。

「本当は、終わりだったんですが、僕の勝手な判断で、O氏との体験を思い出して欲しいと思って、チャレンジさせてもらいました」

ナツミは頭に言葉が入らない状況だったが、あの時の美術館の匂いをふと感じた。
結婚する前の経験を抱えて夫婦生活を過ごしている人もいるかもしれません。

恋愛やセックスに限らず結婚する前の時期の体験は、その人の性格や性癖、味の嗜好や生活習慣などに大きな影響を持つことは間違いないはずです。

結婚後にお互いの価値観を相手に押し付けるのは無駄なような気がしてしまうのは僕だけなんでしょうか。

芸能人が離婚する際に価値観の相違が原因などといいますが、価値観が同じなんてそもそもあるのかなって思います。

今回依頼していただいたH子さんは、しっかり自分の仕事もこなされ、ご主人との関係も良好です。
とても大切にしたいと仰っていましたし、大好きだとも言われています。

ご主人の知らない世界のことを知らないところで満たす気持ちは、浮気とか不倫とか不貞とかの範疇ではないと思います。

女性は更年期を境にセックスが出来なくなっていくそうです。性交痛を抱えながらも男性に応えようと我慢しながらされている人もいらっしゃるみたいです。女性としての機能を果たすために女性ホルモンを投与する場合もあるのですが、それが子宮がんを誘発する可能性があるということで、子宮を摘出されるかたもいます。

女性としての意識を目覚めさせることや維持することの方法としての性感マッサージの存在も認知されて欲しいなと思います。

翌日、ナツミ(H様)さんからメールが届きました。そのメールで僕の間違いを発見したことについてブログに書きました。よければそちらもご覧ください。

H様の回答はこちらからご覧いただけます。

営業時間午前6時00分~午後11時00分 日曜・祝日も営業しています。
お問い合わせは24時間年中無休で対応いたします。
※当日の予約受付は午後5時までとなります。
※午後11時以降の施術を希望される方は前日までにご相談下さい。

>>料金・ご予約・お問い合わせはこちら<<

↓前田貴久を応援(クリック)してください↓
 
■前田貴久のブログ:http://blogs.yahoo.co.jp/takahisa6699
■カウンセリングを希望される方:http://takahisa69.blog.fc2.com/blog-entry-87.html
■性感マッサージを希望される方:http://性感施術室.com/
■性感マッサージ師になったきっかけ:http://takahisa69.blog.fc2.com/blog-entry-76.html
■性感マッサージ師になるための方法:http://性感施術室.com/zousyoku/
■裏施術日記(アドレス登録が必要です):https://ssl.form-mailer.jp/fms/6a5b29c9206668
■性風俗従事者向けメルマガ発行:http://www.mag2.com/m/0001582575.html
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

web拍手 by FC2





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 女性専用性感マッサージ 前田貴久の性感施術室へようこそ. all rights reserved.